人生の困難を乗り越えるために覚えておきたい3つのこと

希望の光

困難のない人生はありえない。そして、困難だけの人生もありえない。

辛い苦境を乗り越えた先は必ず、「生きていてよかった!」という現実が訪れる。だからこそ大切なのは決して、希望を見失わないことである。

今目の前の現実がどれほど厳しいものであったとしても、それは「今」だけの話。一時的な現象である。目の前の逆境はいつか、終わるのだ。

はじめに

人生良いときがあれば悪いときもある。大切なのは悪いときを迎えても、決して人生に絶望しないことである。

朝が来れば昼が来る。そして夜を迎え、再び朝を迎える。生きていくこととは、大きなサイクルの中で自分の身を置き、その変化を受け入れることである。

しかし、あまりにも長い夜が続くとき。心が強い人でさえ、暗闇の中で自分を見失いそうになることもあるだろう。いつまでこの闇は続くのか?不安になってしまうこともあるだろう。

だからこそ、大切なのは自分の心の希望という名の灯火を、粘り強く灯し続けることである。外的な状況がどうであれ、すべては一時的なことである。

良いことが永遠に続かないように、悪いことも永遠には続かない。すべては必ず、終わりを迎える。

「何が起こっても自分の人生はなんとかなる」という信念を持つ

今目の前の現実に打ちのめされているとき、「なんとかなる」という楽観的な気持ちを持つことは難しいかもしれない。

しかし一つ言えること。それは実際、人生でどんな問題が起こったとしても、「最終的にはなんとかなっていく」という事実である。

今なぜ、それが起こるかは分からない。でも今は分からなくてもやがて分かる。「だからあのとき、それが起こったのだ」という理由が。

あなたが今、苦しい状況に置かれている場合、ぜひこの言葉を心に刻んでほしい。「私の人生はなんとかなる」

幸せは「不幸の顔」をしてやってくることを知る

不幸な出来事が本当に不幸な出来事なのか?それを判断するためには、人生を長い目で見る必要がある。

私の好きな言葉に「人生万事塞翁が馬」という言葉があるが、これは真実としか言いようがない。一見不幸に思える出来事が実は幸せを呼び込む転機になることが、往々にして起こるのだ。

例えばあなたが職を失い、この先どう生きていけばいいのか?悲観にくれる現実が目の前にあるとする。

あなたの人生は新しい展開を迎え、そこであなたは「今」与えられた選択肢を確認し、自分ができることを必死で探す。目の前の現実に抗う中で、あなたは新しい自分と出会う。

自分が今まで見ようとしもなかった自分。「私はこういうこともできるんだ」という自分。それは「新しい人生」へと続く可能性である。不幸によって発見することができる「可能性」である。

今できることに専念せよ

逆境の中で今すぐ人生逆転することはできない。そして長い目で見れば、逆転する必要もない。

大切なのは、「今」である。今ここから、自分ができることを一歩一歩着実にやっていく。今できる範囲で、今できる力で、一日一日を、生き残っていくのである。

無理をする必要はない。苦境から今すぐ逃れようとあがく必要はない。一発逆転を狙うことは厳禁である。その試みは逆に、あなたを追い詰める致命傷となるだろう。

だから決して無理はしないこと。人生の流れが必ず変わることを信じて、一日一日を生き抜くこと。一歩一歩、着実に進んでいくことである。

最後に

人生の困難が訪れたとき、私たちは今まで見えなかったものが見えるようになる。

苦しい現実はまさに、物事の「本当の姿」をあるがまま見えるようにしてくれる。それは他人だけでなく自分も含めて、である。

あなたがまっさらな状況となっている今だからこそ、今後あなたは人生で何を大切にしていきたいのか?自分の価値観を見直すことになる。

するとあなたはもはや社会や他人の目を気にする意味も必要性を感じることはいないだろう。これを機会にあなたは自分の心に正直になって生きていく。

だからこう考えるといい。「人生の転機がやって来た。今はこれからもっと素晴らしい人生を生きるための、一時的な痛みなのだ」と。

これからきっと良くなっていく。希望を捨ててはいけない。

ここまで読んだあなたにおすすめ

変化が来たら抗わない。これが人生の転機を乗り越えるコツ