哲学

ヒント

運の波を感じ取る力。それこそが人生の波に乗る必須能力

人生に変化が起こる決定的なタイミング。それこそが「人生に絶望した瞬間」である。その状態を別の表現で例えるなら、それは「運が底に到達した瞬間」である。 人生は最終的に「プラスマイナスゼロ」になるのは運に山と谷があり、常に変化するものだからであ...
在り方

「現状がどうであれそれを受け入れる」という選択

人生はいろいろある。 良いときもあれば悪いときもある。「なぜこんなにも、やることなすことが自然にうまくいくのだろう?」と自然に道が開けていくタイミングがある一方、暖簾に腕押し。「こんなに頑張っているのに・・・」という状況に陥るときもある。 ...
信念

人が変わりうる本当の原因

人間が変わるのは、ただ一つの方法によってのみです。つまり、人間はその心が変化することによってのみ変わるのです。 ジョセフ・マーフィー 環境。起こった出来事。関わった人々。 人を変えるうる要因はたくさんある。だが、本当の意味で人を変える重要な...
在り方

人生の歩みを密かに決定するもの。それこそが「人生観」

人生を形成する大きな要因の一つ。それは私たちの外側ではなく内側にある。 生まれた時代、育った環境、世の中の状況といった自分の外側にあるものは確かに私たちの人生に大きな影響を及ぼす。だがそれと同等に、場合によってはそれ以上に重要になのが心や思...
信念

自分を救う足がかり。その答えが「自分を受け入れる」こと

自分を受け入れることが、自分を救う足がかりとなる。それがどんな過去だったとしてもな。 シドルファス・テラモーン 「完璧な自分」になることはできない。ゆえに「完璧な人生」も存在しえない。 私たちはつまずき、転び、そして立ち上がり、進んでいく。...
信念

苦労や困難は言わば人生の経験値。乗り超えていくことによってそれらは

どれだけの苦労や不幸を乗り越えてきたかは、ちょっと見ではわからないかもしれませんが、積み重ねた「乗り越え感」は人格に刻まれています。負けた経験がどれだけあるかが、自分の財産になるのです。 齋藤孝 人生は長い。 最終的に重要なのは、途中経過が...
処世

情けは人の為ならず。人に情けをかけることは結局のところ

きみもいいかげんわかってもいいころなのだが、きみ自身の満足のほかに、他の人々の幸福と平和というものがあるのだよ。君は自分が楽しみたいために、ひとりの人間の一生を滅ぼしているんだよ。 ピエール 「自分のことは大切。だけれども自分のことだけを考...
逆境

暗闇の中に見出す光。それは人生の「解釈力」

踏み慣れた道から突き落とされたら―――それですべてはおしまいだ、とわれわれは考えます。ところが、そこからはじめて新しい、よい道がはじまっているのですよ。生命のあるかぎり、幸福もあります。前途にたくさん、たくさんあるのです。 ピエール 人生は...
成功

なぜ「意思あるところに道あり」なのか?

神が創世の時に寛大さから想像され、授けられた最大の贈り物、その方の善に最もふさわしく、またその方がひときわ高く評価されているもの、それは意思の自由でした。 知性を備えた被造物ならばことごとく、しかも彼らのみ、かつても今もそれを授けられていま...
人生

人生は選択の連続だが恐れる必要はない。最終的にはどんな選択であれ

ぜったいに、ぜったいに結婚しちゃいかんよ、きみ。できることは、すっかりやりとげた、と自分に言えるときまで、自分の選んだ女に対する愛からさめて、その女をはっきり見定めることができるときまで、結婚しちゃいけない。これがきみに対するぼくの忠告だよ...