現実主義

全般

人生勝ち続けることはできない当たり前の事実

人生は負けがあり勝ちがある。何から何まで勝ち続ける人生はありえない。むしろ勝ちがあり負けがあるのが自然な人生であり、順調な人生だ。
処世

「人は中身が大事だ」という言葉はあまりにも綺麗すぎる

人から自分のことをしっかり見て欲しいと思うなら、人に見てもらえるよう、見た目を磨く努力をすることが大切。見た目を磨く努力をせずに「自分の中身を見て欲しい」と思うのは、ただの甘えだから。
仕事

だから仕事は、やめていい。

自分がどれだけ頑張っても、自分が辞めれば新しい誰かがその仕事をする。それが会社組織というもの。会社に人生を捧げるよりまず、自分の人生を大切にしよう。
お金

お金がなくても生きていくことはできる。ただしそれが

貧しくても豊かに生きていくことができるのはウソ。「清貧の思想」を信じても、本当に納得&満足できる人生は見つからない。
一般論

関わってはいけない人と関わらないという最高の勇気

人間関係で不幸にならないための原則が区別主義。すなわち、誰が安全な人で誰が危険な人なのかを現実的に区別し、関わりを決めていく実践的な態度である。
処世

【押し出しの法則】人からなめられなければ人生損しない話

斎藤一人「押し出しの法則」について。人は無意識のうちに服装や持ち物をチェック、「この人は自分より上か下か」ということを、見た目で判断している。この意味で自分の見た目を上に上げることは、人生で損をしないためにリアルで役に立つ。
人生

人生で取り返しがつくもの取り返しがつかないもの

人生で後悔しないために知っておきたい取り返しがつくつかない、という考え方。人生取り返しがつくものなら、いくら手にいれるチャンスを見逃しても特には問題ない。しかし、絶対に取り返しがつかないものであるならば、それを全力で手に入れる努力をする価値がある。
一般論

世の中には悪意を持つ人がいる。その現実を認識することで

人生は出会いの連続。善い人との出会いもあるし、そうでない人もいる。問題なのは悪意を持つ人との関わり。彼らのあなたを傷つけようとそる悪意を持っている。彼らに対し無防備になっていると、突如後ろから撃たれて痛い目に遭う。そうならないために大切なのが、世の中は悪意を持った人が存在していることを忘れないこと。
在り方

人生が決定的にうまくいかない人の特徴

人生がうまかない人が持つ共通的な特徴がこちら。この考え方を続けている限りは、人生で必要なことが起こっても、そこから自分のためになることを学ぶことができない。その積み重ねで、人生がうまくいかなくなってしまう。
人間

欲は断じて悪ではない。なぜなら欲があるから今よりもっと

欲深いということは、今よりもっと良く生きたいという魂の叫び。大切なのは欲で人生をダメにするのではなく、欲を上昇のエネルギーに変えていくこと。自分が成長するためのエネルギーに変えていくこと。これが正しい欲との付き合い方。