現実主義

全般

「自分だけは大丈夫」と考える責任と代償【楽観バイアス】

人は自分の都合の良いように物事を考える。そしてネガティブを否定し、ポジティブなものだけ見ようとする傾向がある。しかし現実を見ようとしなかった代償を支払うのは、自分自身である。
ヒント

人生で流れが来ていないときに意識したい3つのこと

人生には積極的な行動を控えた方がいい守り時がある。大切なのは流れに逆らおうとしないこと。この3つを意識してじっと時を待つことが大切である。
一般論

「ありのままの自分が受け入れられる」という誤解

現実的に世の中で関わる人々が「ありのままの自分」を受け入れてくれることを期待するのはNGだ。ただし極稀に、本当にあなたのことを理解して分かってくれようとする人がいることも、また限りなく事実である。
成功

成功者とは「今やるべきことをやる」人である。

百田尚樹『夏の騎士』の名言より。人生で成功したいならやるべきただ一つのこと。シンプルかつ最高の成功法則がこちら!
逆境

「苦労すれば報われる」というウソ

「苦労をするのは正しい」はウソ。実際問題、苦労をすればするほどに、現実でますます不幸を引き寄せてしまう。その理由がこちら。
一般論

人間関係が楽に「分かってくれる」を「あきらめる」すすめ

人間関係で不要に傷つかない大切な心得が、人への期待を最初から放棄すること。「分かってくれる」をあきらめるからこそ、幸せな人間関係を築くことができる。
一般論

悩みを相談していい人相談してはいけない人

生きることは悩みの連続。誰かに相談してスッキリすることも大切。ただし「誰」に悩みを相談すればいいか。そこを間違えてはいけない話。
人生論

人をうらやむ必要はない。うらやまれる本人は「見えない」不幸を抱えているから

つい恵まれた誰かに嫉妬を感じてしまうあなたにおすすめの話。人生目に見えることが全てではない。うらやむような暮らしをしているあの人は、実はいろんな不幸を抱えているかもしれないから。
ヒント

なぜその努力は苦しいのか?する必要がない努力だから

理想の人生を実現するために努力することは大切。しかし闇雲に努力する必要はない。なぜなら努力にはする必要がある努力と、する必要がない努力があるから。
幸福論

幸せ自慢が不幸を引き寄せる残酷な理由

「最近良いことがあって、人生幸せで嬉しい!」という方のための記事。人生良いことがあっても、その幸せを人前で見せるのはNGかも。