「今はまだ自分の番ではない」と感じたときの処世術

道の真ん中に立つ女性

端的に言って、人生において「してはいけないこと」で自分の人生を縛るのはナンセンスである。だが「しないほうがいいこと」は確かにある。正確に言えば、「そのタイミングで◯◯をしてはいけない」という経験則は確かに存在する。

そこでこの記事では、その代表的な経験則たる人生に追い風が来ていないとき、すなわち「今はまだ自分の番ではない」ときにしてはいけないことについて語っていく。

人生はタイミングである。「今、私の順番が巡ってきました」というタイミングで勝負をかけ、「今はまだ、動くときではありません」というときは控えめに状況を静観する。そんなバランスこそが、人生の波に対処する秘訣である。

はじめに

年を重ねれば重ねるほど。様々な経験を積めば積むほど。人生は主体性や努力、そして自らの意思の力だけではなく、それら以外の決定打によって運命を大きく変えられる場面がしばしば訪れる。それは良くも悪くも、である。

ゆえに自分自身の人生のタイミングを理屈だけではなく肌感覚で理解することはとても重要である。

ほんのわずか、タイミングを見逃しただけで人生その後の展開は劇的に変わる。あのとき、あの場所で、あの人に声をかけるかかけないか。そんな小さなことですら、そのタイミングを逃すことによって、結果のビフォア・アフターは劇的に変わりうる。

だからこそ、今自分は動くときなのか?それとも勝負を仕掛けるのは控え、静かに時を待つべきなのか?「今どうするべきか?」を判断する、自分なりの材料が必要である。

たとえば運が来ているか来ていないか

運を例に考えれば理解しやすい。「運が良いとき」とは自分にチャンスが訪れやすい時期で、「運が悪いとき」とは自分にチャンスが訪れにくい時期と考え、行動を起こすか否かの指針とする。

運という存在を明確に証明する科学的な根拠はないかもしれないが、その見えない存在が人生という結果に大きく干渉を与えるのは結果論としてあなたも実感しているかもしれない。実際あることをするにも、運が良い時期にするのと運が悪い時期にするのとでは、結果は信じられないほど異なる。

この意味で運とはタイミングとも言える。それは自分の輝けるときとそうでないときを測るためのヒントである。もし「今、私に運は巡っていません」と直感で感じてしまう現実がそこにあるならば。それは告げている。「今はまだ、自分が輝く番は来てはいない」ということを。

自然に従い時を待つ

「今はまだ、動くときではありません」

その意味を誤解してはいけない。それが意味するのはとてもシンプルである。

「今はまだ動くときではない、だからしっかり今のうちに準備をしておきなさい。今は身を控えめにして自分ができることを静かに、しかし着々としておきなさい。そして、順番が来たときにそれらを出し惜しみせずに出し切りなさい」

準備ができていないのチャンスが訪れることは決して幸運ではない。ゆえに、人生「止まれ」のときこそ、「止まれ」にふさわしい行動をチョイスすることが大切である。運が巡っていないのに爆走しても、その先に待ち受けるのは車両大破などの悲劇である。

人生は待つべきときは待つ。我慢すべきときは我慢する。寝ているべきときは大人しく寝ている。それが自然である。自然に反する行動は、悪運を招く。

最後に

「自分の番が来ていない不運のときに状況を巻き返そうと大勝負をかけた結果、致命的な大ダメージを背負う」ということはしばしば起こるが、それはある意味で、当然の結末である。

今、自分のもとに流れは来ていない。それならそれを現実として素直に受け入れる。ここで必要なのは状況を今すぐ一発逆転させる秘策ではない。時を待ち、静観する、忍耐力である。

冬が来ればやがて春が来るように、人生の時はやがて巡ってくる。外がだんだんと暖かくなり、外出するのが不自然でなくなったときこそ、思う存分外に出かければいい。雪が降り注ぐ寒い天気に、ピクニックに出かけるのは馬鹿げている。

時を待っていればやがて季節は変わりゆく。それは人生もまた、同じなのである。