考え方

ヒント

人生に光が差す「心的態度」の話

人生は長い。良いときがあれば悪いときもある。 大切なのは悪いときの過ごし方。そして意識の持ち方である。人生で不定期に訪れる悪い時期に、「どうせ私は○○なんだ」と自分のためにならない心的態度を持ち続けるなら。悪い時期は悪い時期の...
人生

「まさか」が起こって私たちは気づく。これが予定されていた人生なのだ、と

パパは君に成功してほしい。君が自分の力で成功を勝ち取ることを願っている。だけど、あらゆる成功が努力によるものでもないし、あらゆる貧困が怠惰によるものではないことは知っておくべきだ。誰かを、自分自身を含めて、評価するときは、このことを忘れ...
人生

人生やりたいことをやればいい。まだそれをやれるうちに

若い頃は何をやりたいのかわからなかったのが、いろんなことをやっているうちに、自分はこれをやりたいんだってわかってくる。 だから三十にして立つ、四十にして迷わず、五十にして天命を知る、というのはやっぱり真理なんだと思います。 ...
ヒント

ほんとうにそれはあなたのせい?「自責思考」の問題点

「自分の人生がうまくいかないのは◯◯のせい」 世の中には、全ての原因を自分以外の何かに押し付ける「他責思考」の人がいる一方で、人生で起こる出来事はすべて自分の責任と考える「自責思考」の人がいる。 一般的には、後者の思考を...
ヒント

「間違ったこと」をしているときに悪い事が起こり続ける意味

あくまで仮説だが、私たちはそれぞれの人生で、やるべきこととやるべきでないことが決められていると考えざるをえない。 その証拠に、自分が正しい道。すなわち進むべき道へ進もうとするときは必ず、その道をスムーズに進んでいくための環境が...
自己実現

できることとできないことを見極める。それは自分の人生を救う重要な判断

近頃はつくづく思うことがある。それは、自分のできることとできないことを見極める必要性である。 物事には、特に意識しなくてもかんたんにでき、かつ時間もかからずできることがある一方、どんなに注意して取り組んでもミスしてしまったり、...
ヒント

逆境こそ磨かれるもの。それが「人を見る目」

私たちが人生で本当に大切なことを学べるのは、順境ではなく逆境の時である。 目の前に大きな壁が立ちはだかり、あなたは進退窮まる。そして悪いときには悪いことが重なり、あなたは前に進むことができ、暗闇の中でさまよう。それは一面的に見...
ヒント

苦手なことを克服しようとするのは時間の無駄。そんな努力をするかわりに

人には得手不得手がある。 もちろん私たちは努力することができる。努力によって、不得手を克服するというチョイスはある。 しかしあいにく、その努力には限界がある。あなたが苦手なことをいくら努力によって克服したとしても、それが...
人間関係

人の気持ちはやがて変わる。そのことに気づいたときは

この世で不幸になるためにかんたんな方法の一つは、特定の何かに「執着」することである。そしてその対象が「人」ならば、なおさらあなたはかんたんに不幸になれる。 なぜなら、自分は自分で人は人。自分のことは自分の意思で変えていくことが...
逆境

この我慢は意味がある?そんな疑問を感じたら今すぐ

痛みには2種類ある。成長に必要なものとただつらいだけの無益な痛みだ。私は無益を憎む。 フランク(『ハウス・オブ・カード』より) 私たち日本人にとって我慢すること。耐えることは美徳である。 しかし何でもかんでも我慢すればいい...