「人の心はお金では買えない」という当たり前の話

かわいこちゃん

愛は、哀願して得ることも、金で買うことも、贈り物としてもらうことも、路上で拾うこともできます。

けれども、奪い取ることはできないのです。

ヘルマン・ヘッセ

「金があればなんでも買える。人の愛さえも」

と豪語した成功した事業家がいた。

「お金があればモテて、いろんな異性と楽しめる」

と彼は言ったが、お金があれば、いろんな人が寄ってきて、異性もたくさん集まってくる。彼女らは誘いにも応じてくれるだろう。

お金がつなぐ関係は、虚しく極めて脆い

ただし、それはお金を持っていることが前提の関係でしかない。

「金の切れ目が縁の切れ目」と言うように、お金で掴んだ「愛」は、お金とともに去っていく。

そのことを実感するのはとても簡単だ。

今すぐ、100万円用意して、夜のお店へ行くといい。お金をパッと使って、豪遊するといい。

気に入った女の子がいたら、その子にお金を使って、彼女の歓心を買うといい。そして、お金がなくなったあと、彼女に会いに行くといい。

そのときの彼女の態度の落差が、お金で人の歓心を買うことがどんなことか、その真実をストレートに教えてくれるだろう。

お金で買える人の気持ちなんて、そんなものなのだ。

確かに、人の心はお金などの力で動かすことはできるかもしれない。お金の力で人を動かすことはできるかもしれない。

しかし本当の意味で、人の心を買うことはできないのだ。

人はお金で動くの事実。ただし

お金を持てば何でもできるような気がする。人の心さえ、自分の意のままになるような気がする。

しかしお金がなければあなたのもとを去る人が、本当にあなたのことを愛していると言えるだろうか。

そのような人との関係が、愛のあるものだと言えるだろうか?

愛というのは、もっと深く、離れがたく、切り離し難いものだ。そして、人から愛を買うことも、無理やり奪って自分のものにすることもできない。

もし奪えて買えるものが愛だとしたら、それは気休めの愛を象った模造品に過ぎない。

もちろん模造品でも、それなりに楽しめる。だが、所詮、模造品は模造品。それはあくまで気休めだ。本物とは違う。

偽物に酔える間は、真実から目を背けた道化を演じている人くらいだろう。もしくはそのことに気づかない愚か者である。

最後に

人生の一時期、虚しさを感じるまではお金の力を過信して、「自分は何でもできるのだ!」と自我の肥大化を楽しむのもいい。

しかし「もはやこれまで」と真実が見えたとき。偽物は今すぐ手放し、本当に価値がある、本物を見つけ出すときが来たのである。

ただしそれはお金の力で簡単に手に入るものである。なぜなら本物は、何かを引き換えに交換で手に入れられるものではないからである。

本物を掴むためには、自分自身の人間力を高めていくしかない。だからこそ、本物は本物。大きな価値が、あるのである。

出典

『シッダールタ』(新潮社、1971年)

あわせて読みたい

お金の使い方にその人の人間性が出る話

お金で失敗しない「器」の話

関わってはいけない人と関わらないという最高の勇気