運命の人はわざわざ探す必要がない

輝かしい女性

僕は運命の出会いなんて望んでない。

ただ優しい女性に巡り合いたいだけだ。僕を見て幻滅しない女性とね。そして結ばれて幸せに暮らしたい。

トム

人はしかるべきとき、しかるべきタイミングで出会うべく人と出会う。だから運命の人と出会うために、ドラマのような特別な出会いは必要ない。

本当に大切な出会いほど、出会いのきっかけはシンプルで自然だ。そこにドラマチックなものは何もない。

気がついたときにはもうすでに出会っている。それが運命の人である。

スポンサーリンク

出会っていたらそれはすぐに分かる

しかし、歯車がかみ合うように何もかもが自然で、心がホッと安心できる。まるで古くからの親友と会うように、不思議な親近感がある。

出会いがあまりにも自然すぎて、その価値を見逃してしまう恐れもある。だからこそ、今の目の前の出会いの価値に気づきさえすれば、運命の出会いなど探さなくてもいい。

ただ自然でいればいい。日々の出会いをムダにせず、自然に誰かと出会えばいい。何も難しいことは必要ない。

最も自然に出会う人、それこそがまさに

多くを望みさえしなければ、必ず巡り合うべき人と巡り合うことができる。もしくは既に出会っている。

もし運命の人を探したくなったら、まずは周りを見渡してみよう。もしそこで、誰一人思い当たる人が見つからなかったらわざわざ探す必要はない。

ただ、その人を探そうとせず、あなたはあなたの人生を生きればいい。そうすればあなたの人生で最もベストなとき、その人は近くにいるかもしれないから。

出典

『フォー・ウェディング』(1994年)