どんなときも希望はある。だから人生をあきらめる必要はない

絶品美女

常に希望はある。

アラゴルン(『ロードオブザリング/二つの塔』より)

人生は塞翁が馬。どこで何が起こるか分からないが、最悪の事態が実は最高の結果をもたらすきっかけになることもある。

何もかも上手くいかず、人生の崖際に追いやられてしまう。心が折れて目の前には絶望しか見えない。もう「人生詰んだ」としか思えない。

そんなときだからこそ、「なんとかなる!」と希望を失わないようにしたい。なぜならどんなときでも希望はある。だから実際になんとかなるのである。

耐えるべきときを耐える

春が来れば夏が来る。秋の次は冬が来る。

人生には耐え抜くときがある。そのときが来たら、春がやって来るの待って、冬の厳しい寒さを耐え抜かなければならない。

それはただただ仕方がない話なのだが、幸い朗報が一つある。それは「人生厳しい時期を耐え抜いていれば、状況はいつどこでどう変わるか分からない」ということである。

人生はある時を境にして、それまでの苦労がウソのように、状況が好転していくタイミングがある。

いつそのタイミングがやって来るかは分からない。それは今すぐやって来ないかもしれない。しかし繰り返す。人生に永遠の冬はない。いつか必ず、春はやって来るのである。

人生には希望がある

人生はどんなときも希望がある。

見ようとさえすれば、微かな光が見えてくる。それを頼りに進んでいけばいい。微かな光を頼りに進んでいけばいつか必ず、出口は見えてくる。

ただし慌ててはいけない。今すぐ、目に見える変革を期待してはいけない。人生において即効性を期待することはむしろ逆効果である。一日一日、「これからはきっと良くなる!」と信じ、決して無理無謀は控えることである。

人生はなんとかなることを信じ、心を腐らせず、そこにある微かな光を信じて、耐えるべきときを耐えるのである。

そうすれば必ず変わる。タイミングが来たときに、人生が驚くほど、ガラリと変わっていく。そのことだけは私自身の体験からも、あなたに強くお伝えできる話である。

最後に

人生挫けてもいいし、絶望してもいい。

しかし、自分を諦めさえしなければ、常に新しい道がある。希望がある。それはたとえどれだけ小さい光だったとしても、それは未来の希望そのもの。

自分を信じてその光を追っていくことで、やがて未来が開ける。どん底から抜け出し、絶望を克服することができる。

だからこそ繰り返して強調したいのはまず、自分自身が絶対にあきらめないこと。そうすれば必ず希望は見える。

耐え抜けばやがて、光が見える。そのことだけは、忘れないようにしたい。大丈夫、きっとうまくいく。人生は最後にはなんとかなるのだから。

あわせて読みたい

最終的に本当の戦いとは、自分を信じられるか否かである。

未来を信じられるなら、「今」耐える価値はある

どんな時代も最強の人。それが「しぶとい人」