スランプに悩んだとき100回読み返したい言葉

光はすぐそこにある。

スランプに陥ってしまったとき、「やってらんねーよ」と思う気持ちはわかる。

だが、憎まれがちなスランプが、”ブレイクスルー”の一歩手前であるということはあまり知られていない。

ブレイクスルーとは「障壁となっていたものを突破する」という意味でもある。

ブレイクスルーの存在さえわかっていれば、スランプ中でも迷いがなくなる。

「もうやめようかな」と思ってしまうのは、ブレイクスルーの存在を信じられないことが原因だ。

ブレイクスルーを一度経験し存在を知ってしまえば、スランプなんて楽勝で乗り越えられるのだ。

スランプを乗り越える唯一の方法、それは続けることに他ならない。

地道で泥臭いが、とにかく続けるしかない。地道に続けていれば、ブレイクスルーは突然訪れる。

Testosterone

人生どれだけ努力しても。どれだけ前向きに生きていても。いつかどこかで、必ずスランプ(停滞期)に突入する。

その時期は、何をどれだけ頑張っても結果が出ない。思うように評価されない。

つまり、自分がやっていることが無意味ではないか。そんな不安に取り憑かれてしまう時期である。

スポンサーリンク

スランプは必ずやって来る

スランプは目標を持って生きている限りは必ずやって来る法則であり、そこから逃れることはできない。

だからこそ、スランプがやって来たとき、どう対応するか。そしてどう乗り越えていくか。

それを知っているのと知っていないとでは、驚くほど運命の明暗が別れてしまう。

だからこそこれだけは知っておきたい。スランプは乗り越えられる。その乗り越え方を知っていれば。

スランプ=ブレイクスルーの予兆

スランプがやって来たとき。それはブレイクスルー、つまり大変動が起こる予兆である。

人は大きく躍進する前に大きくかがむ必要がある。このかがんでいる時期が、まさにスランプである。

落ち込んで下に下がる。だからこそ大きく飛ぶことができる。

なので絶対に勘違いしてはいけないのは、スランプがやって来たとき、「自分の限界がやって来た」と考えてしまうことである。

それはむしろ、逆なのだ!

だからぜったい、あきらめない。

スランプがやって来たとき、「もうダメだ」と思って努力をやめてしまうか。それとも、その先に奇跡が待っていることを信じられるか。

未来はそこで、2つに別れている。

だからこそ大切なのはスランプとは一体何なのか。何のためにやって来るのか。その真実を忘れないことである。

つまりスランプがやって来たのはまさに自分がブレイクスルー。

それは大躍進しつつあるサイン。今まで積み重ねてきた努力を、絶対に放棄してはいけない。

最後に

今すぐスランプから抜け出すことはできないかもしれないがそれでも。自分を信じて泥臭く、前へ進んでいこう。

そうすればスランプから抜け出したとい、文字通り、自分があらゆる意味において一皮むけていることに気がつく。

そのときこそ人が大きく飛ぶ前に大きくかがむ。その意味を心から、実感することができるだろう。

スランプ中だろうがなんだろうが、未来を心配する必要はないのである。

出典

『筋トレは必ず人生を成功に導く』(PHP、2018年)