避けられない不満には人生で必要な学びがある。しかし避けれる不満に甘んじる必要はない

快適な毎日を送る

人生で必要なことは起こる。

それを経験する必要があるならば、たとえ不愉快で不満な経験であったとしても、それを避けることはできない。

なぜなら、それを経験することによって、必要な学びを得られるからである。

この意味で、今あなたが何かに対して不満を感じており、それを自分の力で解消することができないならば、それはあなたの人生において、必要な学びである可能性がある。

「ここで何に気づく必要があるのか?」という問いを、自問する価値がある。

解決できる不満を野放しにしない意味

しかし、物事には、経験する必要がない不満というものがある。それは、自分の努力によって解消できる問題である。

例えば、普段利用しているサービスが気に入らない。愚痴ばかり言う友人にうんざりしている。

そんな、日常のささやかな問題である。

人生必要な不満なら、それを避ける努力をする必要はない。しかし、わざわざ経験する必要がない不満を溜め込んでいると、人生の質がどんどん悪化していく。

だからこそ不満とはすなわち解消するもの。「気に食わない」「納得できない」と思った要因は、積極的に消していくことが大切だ。

その態度はすなわち、自分の人生をもっとよりよくしていく。快適にしていくという、健全な精神の反映である。

よりよい環境を作るために

自分が今いる場所。環境をもっとよりよくしていく。これを環境整備と言うが、日々の環境はとても大切である。

人生において必要な学びを得るための最適なストレス。負荷。不満。それらに耐えるために、他の部分では極力、快適な環境を追求していく。

それによって私たちは、自分の人生をより良くすることはもちろんのこと、今この人生で、必要なことを必要なタイミングで学び、一歩一歩、着実によりよくなっていく。

だから不満を感じたときに大切なのは、まずそれを自分で解消できるかどうかを考え、自分でどうにかなる不満であるなら、いちいち我慢しないことである。

納得できないサービスにお金を払うのをやめる。

「この人の発言はありえない」と思ったらそれを我慢せずきちんと指摘する。

付き合う必要がない人、距離を置いた方がいい人とは、相手が変わることを期待せず、さっさと関係を断ち切る。

そう、不満を解消するために、できることがあればすぐにする。それが快適な人生を送るためのポイントだ。

最後に

人生で完全に不満をなくすことは不可能である。

しかし、必要以上の不満は人生をつまらなくする。毎日イライラして、人生の楽しさ。面白さ。喜び。ポジティブな感情が色あせてしまう。

そうならないために大切なことはただ1つ。自分で解消できる不満は、いちいち我慢せず、すぐに解消していくことだ。

これによって、日常の80%以上の不満は解消することができる。どうしても自分の力では解消できない20%の不満。

これはどうしようもないことだが、だからこそ、そこに人生で必要な学びが隠されている。そこから必要なことを学んだなら、その不満は解消される。

こうして人生は、少しづつ、より良くなっていくのだ。