生きることは大変なこと。でも生きてさえいれば

落ち込む男

人生にはいろいろ苦しいことも悲しいこともあるにせよ、それでもときおり、希望の実現とか、充足によってもたらされる幸運が訪れるものである。

ヘルマン・ヘッセ

何をやっても上手くいかない。理由もなく、なぜか悪いことばかり続く。

人生ときにそんな逆境がやってくるが、こういうときに常に覚えておきたいのは、「どんな逆境も、必ずいつか終わる」ということだ。

人生は良い時期悪い時期があって、春夏秋冬のように移ろう。

逆境に耐えていれば、ある段階からなぜか風向きが変わって、状況が一変していく。どんな辛い日々でも、それはいつか必ず終わる。

逆に、どんないいこと続きの時期でも、それが一生続くのではなく、ある日突然、試練はやってくる。

人生はすべて、何もかもが移ろう。

スポンサーリンク

大切なのは真っ直ぐな態度

当たり前かもしれないが、人生は生まれてから死ぬまで、良いことだけを経験することはできない

いろんな苦しいこと悲しいことがやってきて、そしてそれらを我慢していれば、あるときにいいことがやってくる。

どんなことも、いつかは終わる。人生はそもそも、最初からそういうものである。

だから今がいいとか今が悪いとか、長い目で見れば対して重要な問題ではない。それよりもっと重要なのは、自分自身の人生態度である。

すなわち、目の前の状況が良いとか悪いとか。幸せだとか不幸だとか。そういうことではなく、自分自身が今どう生きるか。

人生にどう向き合っているか。本当に大切なのは自分自身の態度である。

人生で学ぶ必要があることは絶対に経験する

もちろん、人生は不幸よりも幸せの方がいい。失敗続きよりも成功続きの方がいい。

しかし不幸なときは不幸なとき。失敗続きのときは失敗続きのとき。そのときどき、人生で必要なことを学んでいる。

それは、幸せなとき。成功しているときには決して学ぶことができない、貴重なレッスンである。

そして、人生は何もかもがすべて移ろう。幸せだろうが成功していようが、その状況は永遠には続かない。

この意味でむしろ、人生早いうちに不幸を経験しておくこと。失敗続きで自分に自信を持てない時期を経験しておくこと。

それは早いほうが良い。

自分の人生でベストを尽くす

結局終わりよければ全てよし。最後の最後、自分の人生に納得できることが最重要である。

そのために、人生焦る必要は何一つない。人より早く成功したところで、その後人より先に不幸を経験するだけである。

この意味で、目標はジワジワ右肩上がり。低空飛行を続けていても、これから先、少しづつ人生を良くしていけばそれでいい。

何をやっても上手くいかない。悪いことばかり続く。

それがただの状態であることを忘れずに、自分の人生を精一杯生きればいい。そのときできるベストを尽くせばいい。

そうすれば最後はめでたしめでたし。失敗続きだと思っていた人生が実は、決してムダではなかったことに気づく。

人生は自分が思うより冷たくない。不幸や苦悩を経験しても、その先にはマイナスだけでなくプラスがある。

だから何があっても自分は自分。真っ直ぐに生きていけばいい。ベストさえ尽くせれば、それで十分なのだ。

出典

『庭仕事の愉しみ』(草思社、2011年)