人生が変わる前に起こる3つの予兆

変化を感じる女性

人生は変わっていくタイミングがある。

「転機」という言葉があるが、あの時のあのようなことがあったからこそ、人生が変わっていったことに気がつく。そして変化の前にはそれが起こる前兆がある。

そこでこの記事では、人生が変わりだす3つの予兆について述べていく。

もしあなたが身近でこのようなサインをキャッチしたならば。それが良い変化か悪い変化になるかはなんとも言えないが、あなたの人生がこれから変わっていく時期に差し掛かっている。心の準備をしておくのが吉である。

スポンサーリンク

ネガティブなことが起こる

まず第一に人生が大きく変わっていく前兆。それが不運である。

恋人に振られた。友人を失った。就職に失敗した。仕事をクビになった。起こる事象は人それぞれだが、今まであなたが何気なく日々を送っていたにも関わらず、突如としてネガティブな出来事がその身に起こり出した。

目の前のその事象のみに焦点を当てればそれは不幸な出来事かもしれない。

しかし、これは私の体験から断言できるが、そのネガティブな出来事は、長い目で見れば吉兆である。すなわちそれは、あなたの人生が新しいステップへと進んでいくための入り口である。

簡単に言えばその出来事は「塞翁が馬」。あなたが自分を見失わなければ、最終的にはめでたしめでたしになるための出来事である。つまり、そのネガティブな出来事はあなたの人生に新しい風を呼び起こしているのである。

ちなみに、ネガティブな出来事によって人生がどん底にまで落ちてしまったら。そこからは安心していい。もうそれ以上は悪くはならない。むしろこれから良くなっていく一方である。

どん底から先に起こる変化は、人生の希望という名の転調である。だから大丈夫。安心していい。

うつモードに入る

少し精神的な話なので、あなたがこれを経験していない場合、なかなか実感がわきにくいかもしれない。ただし、実際にこのような状況に陥ったとき、「そういえばこんな話もあったな」と思い出すことで、その先に希望を見いだせるだろう。

前置きが長くなってしまったが、人生が変わる転機その2。それが精神的な大不調である。

理由もないのに気持ちが落ち込む。以前はもっと行動できていたのに、なぜかやる気が出ない。体を動かしたくない。ベッドで寝ていたい。それはうつのような状態である。

ただし本当のうつとは違うのは、そのような状態でも一応は「一般的な社会生活を送れる」ということである。

もしあなたがそれすらできない場合は、専門医のもとに足を運ぶことをおすすめする。

だるい。眠い。やる気が出ない。それはかんたんに言うと「今はあまり動かずにじっとしていなさい」とサインである。すなわちこれから変化がやって来るので、自分のエネルギーを内側に向け、ためておくことが求められている。

この時期は「こんな元気がない自分はダメだ!」と気合を入れるのは厳禁である。人と会いたくなければ会わなくていい。

自由になる時間は家で引きこもってもいい。何もしなくてもいい。むしろ現実的に可能なら、ずっと寝ているくらいでちょうどいいかもしれない。つまり無理に動いたり、頑張る必要はないのである。それは「充電」期間なのである。

人間関係の断捨離が起こる

人生に変化が起こるとき、その最も分かりやすい出来事が人間関係の変化である。

例えば親友と喧嘩別れしてしまったり、長年付き合っていた恋人と別れたり。周囲から嫌われて孤立したり。今まで築いてきた人間関係に、変化が起こるのである。

なぜそんなことが起こるのか?という理由をここで云々はしないが、端的に言えば、あなたにも相手にも、変化が起こっているからこそ、人間関係が変わっていくのである。

例えば、あなたが人として成長しているとき。相手がその成長についてこれない場合。いくら親しい間柄であっても、その関係は役割を終えるだろう。

逆に、相手が変化して成長しているのに、あなた自身が成長を拒み続けているならば。自然とその関係は消滅するように動いていく。それはある意味仕方がないことである。

なぜならどのような人間関係であれ、その関係が生じているということは、それが生じるだけの必然的な理由があるからである。

もしあなたの周りで何か人間関係が変わる予兆を察知したら。実際にそうなるだろう。そしてそれは、あなた自身が変わるときが来たことを意味しているのかもしれない。

最後に

人生何が起こっても最後には結果オーライ。

変化はすべて過程であり、結末さえ信じることができるなら、何が起こっても大丈夫。ただし、変化を拒み続けるならば、恐れにすべてを台無しにされてしまうだろう。

人生は変化する。そしてそれは、ベストタイミングで起こる。だから結果的に、より良くなっていく。大切なのは変化を恐れないことである。

もしあなたがこのページで述べた3つの変化の前兆を察知したならば。大丈夫、それは最終的にはあなたの人生がうまくいくために起こっていることである。

もちろん、変化の途中で不安なことや、悲しいことも起こる可能性はある。

しかしその先にはより良い日々が待っていること。何が起こってもなんとかなるようになっていること。それだけは確かである。人生はきっと良くなる。だから変わるべきときに、変わるのである。

最後に、人生の転機を迎えたあなたにこの曲を送る。

あわせて読みたい

変化が来たら抗わない。これが人生の転機を乗り越えるコツ

良くなる前に悪くなる。人生における好転反応とは

「最近、よく物が壊れる」と気づいたときは