人生がうまくいく人は、勝つべきときに絶対に勝つ。

勝利の日

今日ですべてが変わるんだ。

ニック

人生には運命の日がある。

その日を境に、人生がそれまでとは全く変わってしまうことになった。それが運命の日だ。

今日こそが勝負の日。勝てば全てが変わる。それが人生の分岐点になる。だから勝つべきときは絶対に勝つ。

全力を尽くして、すべきことをする。

すると、人生面白いことに、一度流れが変われば、面白いように物事が上手く行き出す。

スポンサーリンク

人生を動かす「流れ」

人生面白いのは、一度流れが変われば、その後の何もかもが、ガラリと変わってしまうことだ。

それまで連戦連敗だったとしても、一度の勝利によって、常勝軍の仲間入りをすることができる。

それほどまでに、運命の日に勝利を手にすることはとても重要なことだ。だから、流れをつかむものは、運命そのものをつかむことができる。

面白いように、ツキに恵まれ、人生に勝利することができる。

大切なのは逆転の「時」を待つこと

逆に流れをつかみそこねたら、運命そのものをつかみそこねる。

絶対に負けてはいけないときに負けてしまったら、そのダメージは大きい。ジワリジワリ、運命が暗転していくのは避けられない。

しかし幸い、人生はまた流れをつかむチャンスがやってくる。

機を見てじっとチャンスを伺う。雌伏のときを経て、また戦いに備える。そして時が来たら、今度こそ必ず勝利を手にするのだ。

そうすれば、今までの不運も全てチャラになる。人生逆転、この世の春を味わうことができるだろう。

出典

『崖っぷちの男』(2012年)