「細かいところ」が気になって仕方がないあなたへの朗報

配置が気になる男

世の中には、「なぜそんな細かいところを気にするのですか?」と驚愕してしまうほど、細かいところに目が行く人がいる。

そして、その細かさがアラ探しになれば正直迷惑なだけな人になってしまうのだが、その細かさを、自分自身の成長や仕事に向ければ。

それは人生で成功するための大きな力になる。なぜなら「神は細部に宿る」。人とは違う視点を持ち、人とは違う結果を出す人は、細部の細部まで、徹底的にこだわっているからである。

スポンサーリンク

違いは細部にあり!

世の中には、ぱっと見同じように見えても、じっくりとそれを観察すれば、細部に大きな違いを発見できるものがある。

例えば革靴。

もしあなたがこの話に「ピン!」と来たら、今すぐ大丸などのデパートの靴売り場へ足を運び、同じ形、見た目をした革靴を2種類見てみるといい。

1つは価格が安いもの。そしてもう1つは価格がめちゃくちゃ高いもの。

そして、一見同じような見た目、デザインなのに、なぜ価格が大きく違うのか?2つの革靴を比較して、その理由をじっくり考えることをおすすめしたい。

ネタバレすると高い靴は違う。何もかもが違う。安物の靴と同じように見えたとしても。革質。ステッチなどの細かいところの作りが、明らかに違う。

つまり、細かいところにほど実は物事の違いが明確に感じられる部分なのである。

他人のアラは目をつぶる

細かいところをじっくり観察して、その違いを察知することができる。この能力は、人生の微差を大差に変えるとても大切である。

細かいところに目が行くようになれば当然、人のアラも見えてくる。それは観察力がある証拠であり、問題は使い方である。

他人のアラを探すことに意識を向けてしまえばそれは宝の持ち腐れ。人から嫌われるだけでなく、自分自身の人生を台無しにしてしまうだろう。

しかし、その細かさを自分の仕事。生き方へのこだわりに転化すれば。その細かさは、あなたという人間を、他の誰でもない人間へとレベルアップさせてくれる、最強クラスの視点を提示してくれる。

人と同じような仕事をしていたとしても、細かい部分まで手を抜かず、人との違いを出していく。それに気づく人は必ずいる。

神は細部に宿る!

世の中のルールとして、人と同じようなことをしていても、そこから一歩頭抜けることは難しい。しかし、人とは違う視点で、価値を提供できる人がいつまでも、その他大勢の扱いをされることはない。

この点、あなたが「なぜか細かいところが気になって仕方ない」という特質を持っているのであれば、ぜひそれをあなた自身のために生かすことである。

その細かさを人に向けるのは不幸の始まりである。しかし、あなたがその細かさを自分自身の生き方。仕事に生かすことで。あなたの人生は変わる。

特に、「細部へのこだわり」という形であなたが仕事にその特質を生かすなら。あなたは着実に、周囲から一歩抜け出ることができるだろう。

なぜなら神は細部に宿る。一流の仕事をする人は必ず、細かいところにまで手を抜かずしっかりと、こだわりを発揮しているからである。

まとめ

つまるところ、「細かいところが気になる」というのは欠点ではなく、才能である。その能力は他人に向けるのではなく、自分自身のために使うものである。

「ここが気になって仕方ない」という細部へのこだわりを、徹底的に仕事に生かす。行き方に生かす。その習慣はあなたを、オンリー1の人に変えてくれる。

「自分は細かすぎてイヤになる」とあなたは感じるかもしれない。でもその「細かさ」こそがまさに、あなたを独自の価値を持つ、優れた人に変えていくのである。

だからこそ、宝の持ち腐れはしないこと。そして、他人ではなく、自分自身のために、その細かさを生かすことが大切である。

繰り返しになるが、「神は細部に宿る」のだから。

あわせて読みたい

「意識が高い」とディスられたとしても、それは何も恥ずかしいことではない

「上」を目指す生き方の良いところ悪いところ

「自分らしさ」に気づくかんたんな方法