失敗しない人生は決して成功ではない話

世界に挑む男

人間の成長は失敗から生まれる。

挑戦して失敗し、そこでいろいろなことを学び、再び挑戦する。これが成長のサイクルである。

だから人より多く失敗すればするほど、より早く成長できる。

競争を否定し、失敗を恐れて、できるものだけをやろうとすることは、いつまでもその場で足踏みを続けているようなもの。

前には進めずに、体力を消耗してしまう。

柳井正

人生よりよく生きたい。成功して生きているうちに、この世でいろいろ、美味しい思いをしたい。

そこで避けられないのが、失敗による痛手である。

人生を変えるために行動を起し、失敗し、傷つく。そこで終了すれば、「その失敗は無意味だった」という結論になる。

しかし、その失敗から学びさらに前進を続ける。これによって失敗はまさに人生の恩寵に変わる。

この意味で失敗は成功の母。逆にいえば、失敗のない人生で成功を手に入れることはできない。

スポンサーリンク

人生には痛みを感じて初めて分かることがある

なぜ人生で失敗することが成功のもとになるのか?

それは、失敗を経験することで、人生におけるリアルな痛みを感じるからである。

失敗してボロボロになる。自信を失う。自分のだめさをを実感する。

その現実的な痛みがそこにあるからこそ、自分に何が足りないのか。何が問題なのか。真剣に考えることができる。

実際に痛みを味わうからこそ、それは長い人生において、大きな意味を持つのである。

安全な道を選ぶ代償

もちろん人生、転ばぬ先の杖。危険やリスクを避けて、安全な道に進むことはできる。

しかし人生の不思議なところは、今安全に思える道がこれから先もずっと安全とは限らない、ということである。

むしろ、みんなが安全だと思って殺到する場所にこそ、将来における危険が潜んでいる逆説がある。

いずれにせよ、失敗を恐れて安全を求めてばかりいては、本当に納得できる人生を送ることはできない。

最後に

「自分は自分の人生で、最高と言える成功をおさめたい。自分の人生に心から満足感を感じたい」

人生に野心や希望があるのなら、人生のあるタイミングで、それ相応の失敗は覚悟しなければならない。

問題は、失敗したあとのこと。失敗から得た学びを糧にして、「どうすればいいか」を突き詰めていく。

ここにこそまさに、成功のプロセスがある。そしてそれは、人としての成長のプロセスでもあるのである。

出典

『現実を視よ』(PHP、2012年)

あわせて読みたい

失敗は自分で問題を解決するためのトレーニング。

失敗したら素直に認めて「すいませんでした」と言う。その当たり前のことが

騙されて失敗してしまう人は、決定的にこの事実を忘れている