今目の前のことを計画的にコツコツやる。これが未来の自分のためになる

計画

計画を立てるということは、明日のことを考えることである。

スイス政府発行文書

仕事で大切なのは、先の見通しだ。

今の仕事がどこへつながっていくのか、どんな結果を迎えるのか。その行く末を見通している人は、間違いなく仕事ができる。

つまり今自分がなぜこの仕事をしているか?それによってどうなっていくのか?人生でどんな意義があるのか?

「先が見える」人は最強である。

スポンサーリンク

「今すぐ」結果にならなくてもいい

彼は目の前、今している仕事にも意味があることを知っている。

そして、その仕事が1年、2年、3年と続けていけば、どんな結果につながっているのか、予想して仕事をしている。

しかも、計画性を持って、着実に仕事をこなしているので、その仕事の質はすこぶる高い。

思いつきや気分で仕事をせず、いついつまでにどれくらい仕事をやるのか、とても明瞭だ。

そんな仕事をする人は、必ず大きな仕事ができるようになる。

それは、今すぐ利益にはならない、しかし、やがて大きな利益になる、そんなでかい仕事だ

長い目で考える

今すぐ結果を求める人は、目先のことにとらわれて、仕事の計画性を軽視しがちだ。

しかし、先が読める人、計画を立てて仕事をする人は、今すぐ得しなくても、10年後に大儲けできる仕事を知っている。

そういう人が、コツコツと仕事をして、やがては大成功をおさめていく。

しかも、ライバルが少ないので一人勝ちできる。そんな勝ち組になりたいならすべきことは明白だ。

先を見通し、計画を立てて仕事をする。そのために、「今」をしっかり集中するのだ。

出典

『民間防衛―あらゆる危険から身をまもる』(原書房編集部,2003年)