「痛みなくして成長なし」の真意

意識の高い女性

ノー・ペイン、ノー・ゲイン。painには、苦痛と努力の意味がある。

努力とは血と汗を伴うものだ。それによってあがなわれたものは、自分の体の一部のように、いとおしいにちがいない。

苦しみ抜いて得られたものにだけ、価値はあるのだ。

見城徹

やることなすこと上手くいく。

人生で悲しいことは一切起きず、毎日楽しくおかしく笑っていられる。そんな人生はとても楽かもしれない。

しかしそれは、最悪に退屈な人生に違いはない。

スポンサーリンク

苦しみがあるからこそ人生は

逆説的かもしれないが、私たちは人生で苦しめば苦しむほど、そこから得られるものは甚大である。

そう、私たちは苦しみ傷つき、そして悩むからこそ、幸せが実感できる。そして、苦しみの中から、大切な何かを手に入れることができる。

そして、苦しみが大きければ大きいほど、そこから手に入るものは苦痛に比例して、大きくなる。

つまり、本当に大切な何かを手にれようとするのであれば、痛みは避けられない。苦しみもがき、そしてあがく。

その先にこそ、本当に大切な何かが待っている。そこで手に入るものこそが、本当に価値があるものなのだ。

だからノー・ペイン、ノー・ゲイン

痛みがあるから成長できる。

これは綺麗事のように思えるかもしれないが、実際にそうだからそうとしか言いようがない。

例えば、人生のどん底を味わうことになったとき。私たちはその不運を呪い、なぜ自分がこのような目に遭うのかを、理不尽に感じるだろう。

しかし苦しみがそこにあるからこそ、その苦しみに抗う知恵を求めるようになる。そして、苦しみを克服するためのあらゆる努力によって人生は変わっていく。

だから、苦しみのビフォア・アフターは劇的である。まさに、人として別人に生まれ変わるのである。

最後に

安穏な生活に苦痛はない。ただし、そこから何かを得ることはできない。

だから、苦労知らずの人生は苦しみだらけの人生より、ずっとずっと、不幸である。いや、不幸というより、損である。

結局、人生は苦しむだけ、それ相応のプレゼントを与えてくれる。それは苦しみを克服する過程に与えられる宝である。

この意味で痛みなくして成長なし。あなたが今、苦しみを実感しているまさにそのとき。あなたはあらゆる面で、成長しているのである。

出典

『憂鬱でなければ、仕事じゃない』(講談社、2011年)

あわせて読みたい

人生で起こること。それはすべて自分を鍛える訓練の機会

今の自分よりもほんの少しでいい。「もっとマシな自分になりたい」という気持ちさえあれば

なぜ勉強するのか?自分の未来を救うため