なぜ、人からの評価がアテにならないのか?

皮肉たっぷりな女性

人が人に対して行う評価は、あまりあてになりません。

だからもし誰かから低い評価を受けたとしても、「この人は自分のことをこんなふうに見ているのだ」という程度に受け止めればいいのです。

高い評価をもらえるように努力することは大事ですが、必要以上に落ち込んだり、気に病んだりすることはありません。

佐々木常夫

人付き合いにおいて大切なのは、人が言うことに対して、いちいち真剣に捉えないことだ。

とくに、自分に対しての評価は、なおさら真剣にとらえないほうがいい。耳半分、軽く聞き流しておく程度がちょうどいい。

というのは、結局人は人。皆自分のことが一番で、人のことをじっくり評価している人は少ないからだ。

だから、

「お前はダメだ」

「お前のここは最低だ」

などと他人から評価されたとしても、そんなものはいちいち気にする必要はない。

たいていは、そのときの気分とか、「こいつは気に食わない」など、個人的感情とかによって、非合理に評価されていることが多い。

だから、他人からの評価をマジメに捉えるほど損をする。テキトーに聞き流すくらいがちょうどいいのだ。

そして、マジメな顔をしつつ、「ご指摘、ありがとうございます」とでも言っておけばいい。人からの評価など、そんなものだ。

結局、自分と一生付き合っていくのは自分である。だから、自分のことを一番正しく評価できるのも自分である。

ただ、ごくまれに、人の本質を驚くほど理解してくれる人がいる

彼らはきっと、あなたの良いところ、悪いところを正確に指摘し、あなたがもっと輝くためのヒントに気づかせてくれる。

それだけは素直に心から、受け止めることが大切だ。例外として、真摯に受け止めておいて損はないだろう。

目次
出典

『それでもなお生きる』(河出書房新社、2014年)

皮肉たっぷりな女性
Follow Me