教訓

何があっても自分の運命を見捨てない。それだけで未来はやがて

名著『バビロンの大富豪』の名言より。人生はいつどこで、どうなるかは分からない。かりに不運のどん底に落ちてしまったとしてもそれが実は、幸運の始まりなのかもしれない。
ヒント

自分の人生を台無しにしてしまわないための教訓

私たちは与えられた環境を恨み、周囲や社会に敵対心を持つこともできる。一方でそれがどんな環境であろうとも、そこから何かをつかみとり、前向きに生きていくことはできる。それは個人のチョイスである。
一般論

小さな行動を見ればその人の人間性が分かる話

この人は信頼できる人なのか?そう思ったら普段のこんな小さな行動をチェック。そこからその人の人間性を調べることができるから。
スポンサーリンク
ヒント

自分を安売りすれば損をする。特にこんなときはなおさら要注意!

人生では「自分はダメだ・・・」と過小評価してしまう要注意なタイミングがある。こんなときは選択や大きな決断はNG。自分を安売りしてしまうリスクが激増するから。
ヒント

人生で「頑張ってはいけない」タイミングの話

「人生で常に頑張り続けるのはあなたのためにならない」という話。こんなタイミングがやって来たら今すぐ頑張るのをやめて、自分を大切にするのがおすすめ。
仕事

仕事のために健康を犠牲にする。それは本当に正しいのか?

健康を犠牲にし、命を削る仕事を続ける必要などない。不幸になって自分を追い詰めてしまうくらいなら、今すぐ辞表を出していい。
処世

人生が炎上しない「丸く尖る」すすめ

長い人生、誰かを傷つけ、敵を作る言動はNG。不要なトラブルを招き寄せないための身の処し方の秘訣がこちら。
人生論

人をうらやむ必要はない。うらやまれる本人は「見えない」不幸を抱えているから

つい恵まれた誰かに嫉妬を感じてしまうあなたにおすすめの話。人生目に見えることが全てではない。うらやむような暮らしをしているあの人は、実はいろんな不幸を抱えているかもしれないから。

争いは避けるが吉。勝っても負けても運が下がるから

運勢を悪くしないために意識したい大切な話がこちら。原則人とは争わない。人から恨みを買うようなことはしない。これだけ意識していれば、長い人生もっと安心に生きられる!
逆境

人生が停滞したときに最低7回は読み返したい言葉

人生がうまくいかず停滞した時期を乗り越えるために真っ先にしたいのは気分転換。今は頑張らずゆっくり気分転換して、人生が上向く直感が与えられるのをじっと待つ。
スポンサーリンク