体験すること全てが経験。いろんなことを体験して自分を磨く

スカイダイビング

自分磨きをするときのこんな考え方。

特別なことをしなくても、自分を高める方法はある。

大切なのは何かを経験することそれ自体である。

学ぶことが全てではない

人生を良くするために自己啓発の試みは必須事項だが、資格を取得したり、労働時間を増やして収入を伸ばすことだけが、自己啓発の全てではない。

自分を高め、人生の質を高めるためには、いろいろなことを「経験」することも、一つの自己啓発の手段になる。

知識は勉強すれば身につけることができるが、実体験は経験することでしか身ににつかない、とても貴重なものだ。

例えば恋愛。

映画のラブストーリーを見ることと、実際自分が大恋愛を経験することは全然違う。

愛という概念と、愛という経験は別物といって良い。自分が体験しなければ、それは決して理解できないものだ。

じっさいにやってみる意味

自分を高めるために、知識を習得し、勉強することは大切だ。同時に、いろいろな体験を積むことで、知識が生きた智恵になっていく。

人間関係での失敗。未知の土地を旅行すること。新しいスポーツを始めること。仕事でイヤな思いをすること。

体験が全て愉快で楽しいものとは限らないかもしれない。

なかには、人からイヤな思いをさせられたり、顔真っ赤になるような深いな出来事もあるかもしれない。

しかし、不愉快になること、イヤな思いをするという経験が、自分の視野を広げ、思慮深さと慎重さを与えてくれるのも確かだ。

この意味で、日々の1つ1つの経験が意味があるものなのだ。

未知という新しい場所

人は、何も意識しないと、つい「自分が居心地のよい場所」にとどまろうとする習性がある。

その場所は心地よく、ラクで、安心できるところだ。

そこにいる間は、イヤなこともなく、不快を感じることもない。その変わり、そこにとどまる限り、成長することができない。

未知の体験に挑戦するとき、不安や不快感など、ネガティブな思いをすることが避けられない。新しい体験をするがゆえに、失敗、不安、期待通りにならない失望も感じる。

しかし、その経験が未知から既知になるたびに、人は成長し、新しい何かを得ている。

つまり、新しい体験をすること、未知の経験をすることが、自分の成長につながっていくのだ。

まとめ

自分を高めるために今すぐできること。

それは日常の世界からいつも一歩外へ踏み出し、何か新しい体験を積むことだ。

「あえて」ストレスを感じるようなことを挑戦し、新しい体験を経験し、自分の視野を広げていく。

考えるだけでなく、勉強するだけでなく、実際に自分が経験して見ること。新しい体験を積み重ねていくこと。

これが、自分の中の財産となっていく。

その財産は、誰からも奪われることのない、あなただけのものだ。その財産が、あなたの能力を広げ、人生を深めていくことができるのである。

あわせて読みたい

「今できることを今する」という習慣

人生すべての経験をムダにしない「解釈力」

経験に一切のムダなし。どんな苦労も苦しみも、そこから学べることがある

スカイダイビング
Follow Me