必要なことは必要なだけ時間がかかる【焦り厳禁】

待つ男

時間というものは必要なだけかかるものです。勝手に伸ばしたり縮めたりすることはできない。

太田登(大林宣彦監督作品『はるか、ノスタルジィ』より)

現代社会は効率重視の世の中。

早く結果を出したものが勝ち。短期間で上手くいくこと、すぐにできることに高い価値を置く時代。

しかし、本来時間は思いどおりにできないものだ。物事には短縮できるものと、絶対に短縮できないものがある。

成長に効率を求めない

例えば人間の成長。

人の成長はそもそもが時間がかかるもの。子供から大人になるまで、長い時間が必要だ。その期間を思い通りにすることはできない。

1歳の子どもに「1ヶ月で12歳に成長しろ」と言っても、無理な話である。

どうしても必要なだけ、必要な時間がかかる。その時間を短縮することはできない。

結果を早急に求めすぎる危険

さらにもう一点情報を付け加えるなら、実は大切なこと。人生において価値が高いことほど、それを手に入れるために時間がかかるようになっている。

そして、結果を早急に手に入れようと効率を求めることで、逆に成長が阻害されてしまうこともある。

つまり、短期的な結果だけを求めた結果、本当に大切なものが失われてしまうことがあるのである。

今すぐ簡単に手に入るものは早急に価値がなくなるのは、それが理由である。

まとめ

人生において、必ずしも最高の効率を求めることが正解とは限らない。

サクサク効率的に処理することはそれでいいが、効率を考えない方がいいことにおいては、あえて遠回りや失敗をして、非効率を貫く方がいいこともある。

だからこそ焦らず急がず、必要な時間を、必要なだけかけることが大切である。

時間の「使い方」を変えて人生を変える!

最高の人生を生きるために時間を使ってはいけないこと 時間を使いたいこと