結局人は、出会うべき人と出会う。

運命の二人

人には定められた相手がいて、真実の愛で結ばれるんだ。

ポール

人生に真実の愛があるかどうかは分からない。

しかし、人生において、「特別な人」というのは確かに存在する。それは会った瞬間から、心で分かる。

それは「この人は他の人とは違う」という絶対的、圧倒的な感覚だ。心の奥底からビビビと来る。それが全ての証拠なのだ。

そこに根拠は必要ない。

スポンサーリンク

出会うべく出会った人に気づく方法

「特別な人」との出会いは、ある日突然やってくる。

ではそれはいつ、どのように分かるのか?それは、「その人」と出会ったとき、迷いなくすぐに分かる。

なぜなら、自分の直感がすぐにそれを教えてくれるからだ。

出会った瞬間、「明らかにこの人は普通の人とは違う」という素直な感覚。「他の誰でもない人」という強い確信。

それは、理屈を超えて心にその衝撃が直撃する。だから明らかに普通の出会いとは違うことが分かる。

自分の心が教えてくれることに気がついたら、絶対にそのチャンスを逃してはいけない。それはまさしく、運命を変える出会い。

いや、出会うべくして出会った縁なのだ。

そして人生は変わっていく

何も迷う必要はない。

あなたは必要なことを伝え、素直に前へ進んでいくだけでいい。出会うべくして出会った縁は、驚くほどスムーズに、物事が進んでいく。

そこには愛するがゆえの苦しみがあるかもしれないが、致命的な障害はない。

伝えるべきことを伝え、自分がすべきことをする。そうすれば最後には、「特別な人」と出会った意味を知り、人生で必要な学びが得られる。

それが真実の愛かどうかは関係ない。「特別な人」との出会いは、きっとあなたの人生のなかで、延々とその痕跡を残していくことになるだろう。

なぜならその人こそが、あなたの人生において、出会うべき人なのだから。

出典

『雲の中で散歩』(1995年)