「今の彼女といると、お金がどんどん減っていく」と悩んだら

スポンサーリンク

悪い女

賢い女性ほど、金を使わないで自分の心を遣ってくれる男に惚れます。バカな女ほど自分の心を遣わないで、金を使う男に惚れます。

遠藤周作(作家)

男にとって、どんな女と一生を過ごすか。それは男の運命を決める大きな要因だ。

ではどういう女を選べばいいのか?

男女は相性があるので、一概に「これが絶対正しい!」というポイントはないが、一つだけ言えることがある。

それは、「本当にいい女は、男を気遣い、男に無用な金を使わせない」ということだ。

いい女は、

「あれが欲しい」

「ここに旅行に行きたい」

「美味しいものが食べたい」

あれこれ男に要求しない。

ときどき、男にいくら金を使わせたのかを価値にしている女がいるが、その女と真剣に関わる気がないのであれば、金・金・金の女からは即刻ガン逃げした方がいい。

いくらお金を使っても、女が見ているのは「あなた」という男ではない。女が見ているのは「あなたのお金」、ただそれだけだ。

その女と一緒になっても、あなたの羽振りが悪くなった瞬間、女はすぐにあなたの元を去っていくだろう。

一方、本当にいい女は、お金を使わなくても、ただ一緒にいるだけで元気が出てくる

なぜか頑張ろう、もっと良くなろう、この女を喜ばしてあげよう、そういうポジティブな気持ちが、自然と湧いてくる。

無理にお金を使わなくても、女は側にいるだけで楽しそうだ。だから、無理なく付き合え、人生が豊かになっていく。

金を使わないとニコニコ喜んでくれない女と一緒にいるか、お金を使わなくても、心を気遣いあえる女と一緒にいるか。その差はとてつもなく大きい。

女に金を使うのも男の甲斐性かもしれないが、それが本当に意味があるのか、人生を本当の意味で豊かにするにはどんな女を選ぶべきなのか。

男として、この問題は真剣に考えたい。

出典

『あまのじゃく人間へ』(1993年、青春出版社)