人生

人生

本当の意味で人生が完全に変わってしまう瞬間

もう自分の人生にはうんざりだ。自分は最低だし、これからの人生に何の希望も持てない。こんな人生はもうゴミだ。心底自分の人生にうんざりする。このように、心から自分の人生に嫌気が差した瞬間こそが、本当の意味で人生が変わるタイミング。心から変えようと思えば、変えていくことができる。
人生

人生を後悔しない人の絶対的習慣

したいことを今すぐやる。できることも今すぐやる。この習慣を持つ人は人生で後悔しない人。一度きりの自分の人生を120%満足できる人。
人生

変えられない「定め」に逆らう必要はない。「定め」があるのはそれ相応の理由があるから

人生には決められた定めがある。それは自分の意志や努力で変えることができない。だからこそ定めがあることそれ自体、人生の意味がある。
人生

自分には何もない。人生はそれに気づいたからこそ開ける道がある

守るべきものがある人は弱く、失うものがない人は強い。自分には何もないからといって、人生をあきらめる必要はない。むしろ何もないからこそ、これからの人生が期待できる。
人生

自分の人生は自分のもの。他の誰かの人生ではない

人生はたった一度きり。その一度きりの人生で後悔しないための名言がこちら。大切なのは自分の人生に責任を持つこと。そして、心から生きたいように生きること。
人生

運命があるのかないのか。それを気にするよりもっと大切なことは

哲学者三木清の人生と運命に関する名言から。生きることは果たして、決められた定めを歩む道なのか。それとも自分自身で道を開き進んでいくものなのか。
人生

人生がうまくいく人とうまくいかない人。そのシンプルな違いとは

真面目で優しいのに不幸になる人がいて、自己中な自分勝手なのに幸せになる人がいる理由がこちら。結局人生がうまくいくかいかないかの違いは、まさにここにある。
人生

悔いのない人生を送るために大切にしたいこと

『クロネコヤマトの宅急便』の生みの親が語る人生で後悔しないための鉄則。信念を大切にし、人生で関わる人すべてに誠実であること。つまりは真っ直ぐな生き方こそが人としての正しい生き方であり、人生で後悔しない生き方だ。
人生

今日運命に見放されたとしても、明日どうなるかは分からない

人生で不本意な状況に追い込まれたときの考え方。人生起こることにムダはない。今いる場所が不本意な場所だったとしてもそれもご縁。そこにいることになった理由が必ずある。
人生

本当に大切なものと大切でないものを区別する。それができれば絶対に人生は

人生を後悔しないために必要なことは、自分の人生において大切なことと大切でないことを区別すること。それがまさに本質を見抜くことであり、本質を見抜くことができれば、人生の間違った選択で、後悔することはない。