奇跡の前には不吉なことが起こる真実

スポンサーリンク

朝焼けと美少女

人生山あり谷あり。

日々順境で人生が上手くいっていても、ある日突然、風向きが変わって逆境がやってくる。

プライベートでトラブルが続いたり、仕事が突然上手くいかなくなったり、特に原因がないのに、なぜか不運が続く。

こういうときは、「一体どういうことなんだ?」と動揺してしまい、精神的に落ち込んでしまうが、悪いことが続くのはなぜなのか?その意味は何なのか?どう対処すればいいのか?

この記事ではその理由と対処法を詳しく述べていきたい。

スポンサーリンク

奇跡の前には不吉なことが起こる!

悪いことが続くとき、人生が急に上手くいかなくなったときに知っておきたいのは、悪いことが続くのは良いことが起こる前兆であるということだ。

例えば、あなたが何か目標に向かって日々努力していたとする。努力が実り、順調にある段階までは到達することができた。

しかし、あなたが「あと一歩で目標を達成できそうだ!」と思った瞬間、なぜか突然トラブルが発生。あなたは二歩三歩、後退を余儀なくされる。

目に見える結果だけ見れば、「運が悪い」と考えてしまうのも無理はない。しかし実は、こういうことはよく起こることなのだ。

夢が実現しそうなときや目標が達成できそうなとき、なぜか不運が続く。

そして、ここで不運に挫けず前に進むことができるなら。すべての不運はチャラになり、めでたしめでたしを迎えることができる。

もしかしたらゴールは近いかもしれない

つまり人生が順調だったのに突然不運が続くのは、心理学で言うところのゲートキーパー(門番)というやつだ。

つまり、問題が起こりトラブルが起こる。それによってあなたが本当にそれを達成したいのか、人生から試されているのだ。

映画でも何でもそうだが、物語は右肩上がりで何もかも上手くいくようにはなっていない(そんな映画は退屈だ)。

主人公が日常から非日常へと旅立ち、いろんな経験をしていく。

そして、映画がめでたしめでたしになる前には、必ず主人公にとって最大のピンチがやってくる。それを乗り越えてこそ最後、めでたしめでたしを迎えることができる。

人生で突然やってくる不運も、同じようなものだと思えばいい。だからこそ、「奇跡の前には不吉なことが起こる」のだ。

人生上昇の途中で大トラブル発生。それはこういうお約束

必要なことをしていれば、やがて状況は変わっていく

とはいえ、悪いことが続くと精神的に参ってしまったり、落ち込んでしまうのも無理はないことだ。

特に仕事が上手くいかなくなったり、人間関係でトラブってしまったりすればなおさらだ。

ではどうやってこれを乗り越えていけばいいか?

そう難しく考える必要はない。大切なことは次の2つだ。

1・できる限り平常心を保つこと。

2・無理をせず、今自分ができることを淡々と続けていくこと。

不運はやがて過ぎ去ることを忘れないこと。そして無理をせず、今自分ができる範囲のこと、すべきことをひたすらやっていく。

それだけで十分だ。新しい何かを始める必要はない。時期がくれば、面白いくらいに流れが変わって、「この不運は何だったのか?」と驚くくらい、状況は変わっていく。

気づくことに気づく

人生で起こることには意味がある。

それは「起こる出来事から学びなさい」「気づきなさい」という人生からのメッセージだ。

あなたは不運続きでどん底になる。ピンチがやってくる。

そのときあなたは、そのときしか経験できない何かを経験する。そして、今までは気づかなかった何かに気づくことができる。

それこそが、人生で重要な気づきである。その気づきを得られれば、人生はガラリと変わっていく。

「そうか、あのピンチは実は人生のチャンスだったんだ」と気づくことができる。

人生起こることにはそれなりの必然性がある。大切なのは先を信じることだ。不運の先にまっている奇跡を信じることだ。

先は明るい。必要なことに気づき、自分を信じて前へ進んでいけばいい。大丈夫。きっと上手くいく。そうなるようになっているのだから。

あわせて読みたい

「ツイてない」ときを乗り越える秘訣

人生で悪いことが続く本当の理由

人生ことあるごとにつまづく強み