上手くいかないときは本当に上手くいかない。それを素直に認めることが被害の拡大を防ぐ

たそがれる男

人生は山あり谷あり。

人生生まれてからずっと、悪運が続くこともないし、幸運が一生続き続けることもない。

人生幸運なときは、特に何かを意識しなくても問題ない。自然に行動しているだけで、悪いことは起こらないし、たいていやることなすこと上手くいく。

問題なのは、人生不運なときだ。

やることなすこと裏目に出る。頑張っても頑張ってもどうにもならない。状況を覆せない。むしろ、そこからあがけばあがくほど、どんどん泥沼にハマっていく。

それを経験した人はご存知かも知れないが、面白いように悪いことが連続する。

だから不運は不運であり、このときは本当に辛抱がいる。つまり、「無理やり不運から抜け出そうとしないで不運であることを受け入れる」という辛抱だ。

スポンサーリンク

なぜ人生で不運な時期がやって来るのか

こうして書いていると、不運のときというのは人生でどうしようもなくムダで、できれば経験したくないもののように思えるが、実は不運のときほど、ある意味ツイているときはない。

というのは、不運のときというのは、上手くいかないことだらけだから、普段誇大化しがちな自我が小さくなる。

「自分はなんてダメなんだろう、どうして人生は上手くいかないんだろう、何が問題なのだろう」

など、必然的に自分に内省を促す。

ここでしっかりと自分を見つめて、自分のダメなところ、今までの生活でダメなところを素直に気づくことができれば、そこで大きな収穫を得ることができる。

それらに気づき、改善していくことは、のちのちの人生で大きな意味を持ってくる。

つまり不運なときというのは、強制的に自分をダメな状況にすることによって自己反省し、今後の飛躍のチャンスをつかむ時期とも言えるのだ。

だからジタバタするよりも、素直に不運を受け入れて、内省した方が良い時間を過ごせる。

一つだけ確かなのは、人生どんなときも絶対にムダはないということ

まぁとは言っても、不運続きなのは気持ちが良いものではない。いつか終わることは分かっているとはいえ、ぐっと我慢が必要になる。それだけは確かだ。

だからこそ、そこからたくさん、宝を得ようではないか。ただツイてないだけじゃ納得できない。

こんなにたくさん不運でツイてない思いをしてきた。だからこれからはその分だけ良いことがたくさんやってくる。

そう思えるくらいの希望を持ちたい。その点はきっと安心していいのだと思う。

人は大きく飛ぶ前に一度かがむ必要があるように、ツイてない時期があるからこそ、ツイてる時期がよりいっそう輝くのだ。

もしこの記事を読んでいるあなたが、今不運の時期を迎えているとしたら、ぜひこのことだけは忘れないで欲しい。

「今不運なときだからこそ必要なことを学んでいる。そこから気づきを得ることこそが、今不運を経験していることの必然性なのだ」

ということを。

まぁいろいろ大変だけど、頑張っていきましょう。