努力は時間差で報われる。行動はいつか必ず結果につながる!

サングラスをした女性

人生は今までの行動してきたことの集積。

「積み重ね」という言葉のとおり、今までしてきたことが積み上がって、今の現実を創り出している。

そして、「これはムダだった」「効果がなかった」と思える行動でさえ、そこには必ず意味があり、人生に大きな痕跡を残している。

だからこそ大切なのは今、やるべきことをやることである。その努力が一見、報われていないように見えたとしても。

はじめに

私たちが生きている世界というのは、行動即現実に転換するような場所ではない。

例えば、あなたが仕事で結果を出したいと努力を始めたところで、その努力の効果を「今すぐ」実感することはできない。一定の時間差を経て、その効果を実感することができる。

だからポイントはシンプルである。自分が望む現実を手にするために今できることをやるのである。

願うだけは手に入らない

「希望する現実を強く願えばそれは実現する」という考え方がある。

それは必ずしも間違ってはいないのだが、一つ忘れてはいけないことがある。行動である。

あなたが何かの願いを強く持てば必ず、「~をしてみよう」というインスピレーションを受ける。それを追いかけていき、必要な行動を積み重ねていくことで、ベストなタイミングでそれは現実化する。

これがこの世のルールである。

行動なくして結果なし

一方、何もしなければ何も得られない。

「願うだけですべてが手に入る」ことを信じた結果、何も手に入らずに失望する未来をここでお約束する。

なぜならこの世は行動で結果を手に入れる場所だからである。言うまでもない至極当たり前の話である。

繰り返す。したいことがあれば行動で示す。そして、その行動を工夫しながら継続していく。その蓄積によって、人生は変わる。現実は変わる。

必要なのは時間差を待つ忍耐力

ただし先に述べたように、行動は即、結果にはつながらない。必要な時間差を経て、少しづつ現実へと変わっていく。

だから、今していることがほとんど意味がないように思えても。現実がまるで変わっていかないように見えたしても。

そこであきらめてはいけない。結果には時間差がある。その点は、忍耐が必要である。

特にあなたがその実現を強く願うなら。行動量とそれが実現するまでの時間差が長くなる傾向があることを、覚悟しておく必要があるだろう。

まとめ

私たちが「~したい」という思考を持ったとき、それを行動に移すことによって現実は変わっていく。ただし、行動が結果として反映されるまでには時間差がある。

思ったことは即現実にならない。行動しても今すぐ現実は変わらない。しかしそれは決してムダではない。少しづつ、何かが変わりだす。だからこその「積重ね」なのである。

最後に

あきらめない人が最終的な勝利になる。

その理由は結果が時間差となるからである。結果を得るまでに、ひたすら行動を継続していく。その積み重ねがある地点まで到達するまであきらめない人が、望みを現実にする。

だからこそあきらめてはいけない。それが現実に変わるまで。

追記

結果が出る時間差の話については別途、こちらの記事でより具体的に語っている。

あなたが人生で実現を希望することがある場合や、努力が報われない日々を送っているように感じているなら、この話を知っておく価値があるだろう。

参考にしてほしい。