人生に打ちのめされてもいい。大事なのは

じっくり考える

人が苦難を乗り越えて生き延びるうえで重要なのは、失敗しない能力や倒れない強さではなく、失敗や挫折から這い上がる力だということが言われている。

どんなに高い能力や強靭な体力をもっていたとしても、それを上回る試練がやってくれば、どうすることもできない。

つまずいた経験がないと、自分の力が通用しない事態を受け入れることができず、あくまで戦おうとして致命傷を負ってしまう。

それは単なる敗北ではなく、心の背骨を砕かれてしまうことになる。そうなると、もはや再起することができない。立ち上がって、もう一度戦うという戦意を喪失してしまう。

岡田尊司(精神科医)

人生を生き抜く上で、本当に必要なものがあるとすれば、それは「折れない心」だと思う。

挫折して絶望を味わっても、失敗続きで何もかも上手くいかなくても、決して心は折れない。「いつか良いときがくるさ」と立ち上がって進んでいく、そんな心の強さだと思う。

人生、強い意志、意欲、努力があれば、それなりの問題、試練はクリアできる。しかし、自分の人生で100戦100勝をおさめることはできない

どんなに運に恵まれていたとしても、いつか大きな試練がやってくる。そして、「オレはもうダメかもしれない・・・」と打ちのめされるくらいの厳しい挫折を味わう。

そのときは、いくら強い意志があったところで、自分に自信があったところで、どうにもならない。壁は限りなく高い。自分の力では乗り越えられそうにない思える。

そういうとき、本当に役に立つのは、打ちのめされても立ち上がる心の強さだ。それは「オレはダメかもしれない、でもなんとかやってやるさ」と立ち上がる、決して折れない心だ。

その心さえあれば、どんな逆境も乗り越えられる。

人生に打ちのめされるたびに立ち上がって、そしてより強くなっていく。以前よりもよりよい自分になり、よりよいものを手に入れていく。

最終的には、人生諦めなければなんとかなる。

だからこそ、結局人生は、心の強さがモノを言う。どんなときも折れずに立ち上がる心さえあれば、人生は怖くないのだ。

出典

『生きるための哲学』(河出文庫、2016年)