現実の人生は妥協の連続。それでもなお

スポンサーリンク

人生楽しもう

人生とは妥協の産物である。

そして、完璧なものや理想的なものよりも、身近に手に入る平凡なものに、意外に幸せと安らぎがあったりする。

岡田尊司

人生、何もかも自分の思った通り、希望する人生を歩める人は稀だ。

「第一志望の大学へ入れなかった・・・」

「あの子と付き合いたかった、でもフラレてしまった・・・」

「難関資格を取得して、それで食っていきたかった。でも試験に合格できなかった・・・」

現実の人生は、自分が思った通りにはなかなかならなくて、仕方なく、別の何かを選択するしかない。

ほんとうはこうしたい、でもできないからこうする。人生は妥協の連続なのかもしれない。

でも、はたしてそれは悪いことなのだろうか?人生思い通りにならず、妥協して生きていくことに、何か支障があるのだろうか?

スポンサーリンク

人生が思い通りにならない意味

確かに、人生は思い通りにならないかもしれない。

人生あの道へ行けなかった、だからこの道へ進んだ。それが今の自分を作っている。そして、それにこそ本当はとても大切なことではないだろうか?

こう考えると、人生妥協をすることも、決して無意味なことではないはず。

人生最高に生きることを諦めて、期待を捨てて生きていく。それによって、思わぬ幸せを発見することもある。

何にせよ、「人生こうなきゃいけない!」なんて頭でっかちに考えず、妥協をしても、何とかやっていければそれでいいのだと思う。

これさえできれば人生は大丈夫

大切なのは、思い通りになろうとも思い通りにならなくとも、人生で最善を尽くすことである。

今自分がここに生きている。そこでいろいろなことが起こる。そのなかで、自分ができる精一杯の日々を生きていく。

その結果、思い通りにいくこともあるかもしれないが、思い通りにならないかもしれない。

でもそれで構わない。

生きていく限り道は続いていく。そして、その歩むとなった道にこそ、本当に生きる価値があるのかもしれないのだから。

出典

『生きるための哲学』(河出文庫、2016年)

あわせて読みたい

人生ネバーギブアップ。あきらめなければ人生はなんとかなる

自分自身が人生をあきらめないかぎり、人生逆転のチャンスが与えられる

「もうだめだ」とあきらめそうになったときほど、絶対にあきらめるな。