自分を見失ったときに自分を取り戻す方法

混乱する美女

「自分らしさ」という感覚は、人生を生きていく上でとても大切な感覚だ。

自分が自分であるからこそ、自分にとって最善の道へ進んでいくことができる。そして、自分でしかできないことを

ところが、人生ときに、自分を見失うときがある。

なぜか自分が自分でない。やることなすことしっくりこない。まるで森の中で迷子になってしまったときのように心細くなり、生活の安定感を失う。

自信を失い、感情をコントロールすることができない。無為に時間だけが過ぎていき、どうにもしっくりこない。そんな感覚だ。

スポンサーリンク

自分のペースを取り戻す

なぜそんなことが起こるのか?

ここでなぜを考えても、実はあまり意味がない。というのは、なぜ自分を見失ったかを考えても、そこに答えはないからだ。

理由なくそうなってしまうこともあるし、何か必然性があって自分を見失うこともある。

だからこそ、自分を見失ってしまったとき考えたいのは、「そこからどうするべきか?」ということだ。

自分が自分でないような気がする。そういうときは現状に意識が押しつぶされているので、まずは自分のペースを取り戻すことが最優先の課題となる。

そのためには、一度周りから一歩引いて自分の内側へ意識を向けていく。できれば静かな場所、一人きりになれる場所がいい。

そして自分の頭にどのような考え方が浮かんでくるのか、そこに意識を受ける。すると少しづつ、意識がクリアになっていき、呼吸が落ち着いてくる。少しは冷静になることができる。

自分を見失うということは

自分が自分でない。それは、意識と気持ちが乖離している証拠である。

何らかの原因のよってあなたの意識は過剰なストレスと負担を感じている。それは周りからのプレッシャーかもしれない。対人トラブルかもしれない。

原因は何にせよ、何らかの刺激によって、自分のことをじっくり考える余裕を失っているのである。だからあなたは自分のペースで考えることができないし、行動することができない。

そのズレが広がっていくと、だんだん自分を見失ってしまう。だから大切なのは、まず自分のペースを取り戻すことだ。

そのためにできることはいろいろある。休日はあえて部屋に引きこもって、何もせずベッドに横たる。逆に、思い切って旅に出るのもいい。

大切なのは、日常の刺激から距離を置いてあなたが一人になれる時間を作ることだ。そしてほんの少しでもいい、自分で自分を見つめてみることだ。

今の自分の暮らしを振り返ってどんな感じがするのか?満足しているか?「何か違う」という違和感はあるか?このまま先へ進んでいいか?

一つ一つ、自分に問いかけていく。こうして少しづつ、自分に近づいていく。

最後に

「自分を見失う」というのは不自然で安心できない。一種の混乱状態と言ってもいいかもしれない。

しかしそれはもしかしたら、自分が今の暮らしに何か変化を求めている無意識的な証拠なのかもしれない。

だから自分を見失ったときこそ、内省が何より必要になってくる。そして、じっくり自分と向き合うことで、今まで気づかなかった自分を再発見する。

自分を見失うからこそ自分を取り返したくなる。そして、その過程で、また新しい何かに気がつく。これが再生と発見のプロセスだ。

だから自分を見失ったときは焦る必要はない。もしかしたらあなたに必要だからこそ、そうなったのかもしれない。

あなたの心の内側にある違和感をじっと見つめ、それについて考えよう。もしかしたらそこから、自分だけでなく、新しい何かが見つかるかもしれない。