自分には何もない。人生はそれに気づいたからこそ開ける道がある

心を沈めて広い空を見つめる

人は三つの執着によって苦しむ。

①求めるものを得たいという執着。②手にしたものがいつまでも続くようにという執着。③苦痛となっている物事をなくしたいという執着である。

では、これらの苦しみが止むとは、どういう状態だろうか。

それは、苦しい現実そのものではなく、苦しみの原因である執着が完全に止んだ状態なのだ。

サンユッタ・ニカーヤ

人生最強なのは、何も失うものがない人である。

私たちは、家族や恋人、仕事、財産。自分の評判。日々様々な「失ってはいけない」ものに囲まれて生きている。

大切なもの。自分が持っているもの。今あるものを失いたくないのが人の性。

持つ者は今持っている大切なものを守ろうとするがゆえ、どうしても身重にならざるを得ない。リスクを選択できない。

だから行動に大きな制限がかかってしまう。

そして日々、「大切なものを失ってはいけない」というプレッシャーを抱えて生きていかなければいけない。

これは不安なことだし、とても大きなストレスである。この意味で、守るものがある人は苦しく、弱い。

しかし、何も失うものがない人は違う。

最初から何も持っていない人。すべてをうしなった人は失うものは何もない。だから大切なものを失う恐怖を感じることはない。

自由自在、自分の思ったとおり、前に進んでいくことができる。この意味で人生最強なのは、何も失うものがない人である。

何もないということは、ゼロからすべてをやりなおせるということだ。自由に生きれるということだ。

もし今あなたが何一つ持っていないなら。全くのゼロの状況であるならば。それは決して悲観することではない。

だからもう失うものは何一つない。

それならいっそ、自分の思った通り、自由に生きていくことだってできる。人生をより良くやり直すことだってできる。

つまりは何も失うからこそ、強く生きていくことができるのだ。

出典

『反応しない練習』(KADOKAWA、2015年)