本当の意味で人生が完全に変わってしまう瞬間

スポンサーリンク

遠くを見つめる男

何故あなたの決心を明日に延ばそうと思うか、立ち上がりなさい、そしてすぐ取り掛かって言いなさい、「今がやる時機だ、今こそ闘うときだ、今こそ改めるのに最もよい時機だ」と。

あなたが行き悩む苦難をうける折こそ、まさに勲(いさお)を立てる時なのだ。快適な場所へ着くまでに、あなたは火と水の中を通りすぎなければならない。

トマス・ア・ケンピス

人生ではいろんなことが起こる。

最高にツイてることだってあるし、最悪にツイてないことだってある。つまり、どんなことでも起こりうるのが人生というものだが、ここに一つ、朗報がある。

それは、今までの人生がたとえどれだけ最悪で、つまらないものだったとしても、それは変えていくことができる、ということである。

それも今から。

スポンサーリンク

これが人生のクリックモーメント

人生が本当の変わる瞬間があるとしたら、今この瞬間、

「もう自分はこんなゴミのような人生を生きるのは嫌だ。これ以上は我慢できない。絶対に自分はこれからもっと、良い人生を歩んでみせる!」

と、心から覚悟した瞬間である。

不思議なことに、自分の覚悟さえ変わればまさに人生で起こる出来事が変わる。それは理屈では説明できないが、実際にそうである。

人生を変えると心から決意する。すると、目の前に、そのためのヒントが1つ1つ示される。

例えば本屋へ行こうだとか、ネットでこの記事を見ようだとか、昔の友だちからの連絡だとか、それは一見、人生を変えるのに何の関係性もない出来事のように見える。

しかしそうした偶然のなかに、未来への道へ進んでいくヒントが隠されている。

だから大切なのはいつも今

この意味で人生を具体的に変えていく。

そのために必要なことは、それのヒントを見逃す、「今してみよう」と思ったことを、素直にやってみることである。

そうすればそれは流れに乗ったようなもので、あとはある意味自動。次々と「今これをしてみよう」と思うことが見つかる。

それをこなしていくことによって、5年後か10年後。その時期は人それぞれだが、明らかに自分の人生が変わったことを実感できる。

そして振り返って気づく。

人生が本当に変わった瞬間とは、実は自分がもう、いままでの人生に心からうんざりしてしまったあのときだった、と。

出典

『キリストにならいて』(岩波文庫、1960年)