人生は自分のもの。その認識から本当の人生が始まる

自分の道を行く

人生は自分のものです。人生を良きものにするのも、物足りないものにするのも、結局は自分次第なのです。

原田隆史(教育者)

人生のスタート地点で、有利や不利は確実にある。

人はそれぞれ、容姿や才能、親の財力や社会的地位、生まれた時点で格差があるのは否定しがたい事実だ。

この現実を直視しなくては、人生は始まらない。

ではそこからどうするか。

「自分はこんな生まれだから、どうせ勝負しても勝てない・・・」

と人生を投げ出すこともできる。

確かに、「努力はムダ」と最初から何もかも諦めて、何もせずに人生を浪費することもその人の選択と言える。

スポンサーリンク

スタート地点は長い目で見れば関係ない

しかし、仮に人生のスタート地点が不遇であっても、「自分なりに、今の状況からベストを尽くそう!」と頑張ることもできる。

自分を変えて、学んで、最善を選択することはできる。

ないものねだりをせず、そのときの状況に応じて最善を尽くせる人は、仮に思ったようにならなくても。社会で成功しなかったとしても。

人生に後悔はないだろう。

結局のところ、人生のスタート時点で有利不利があったとしても、その人生において、幸せになれるかどうか。良い人生か悪い人生か。それは自分次第なのだ

最後は自分の選択の問題

マシな人生を送りたい。今よりもっと、より良い自分になりたい。大切なのはまず自分の決意である。

人生がつまらないなら、今の時点で出来ること、変えることをしていけばいい。何か一つでも、今すぐできることはきっとある。

何もせず、「人生、最悪だ・・・」と嘆くだけでは、人生は本当につまらないものになってしまうだろう。

幸い、どんなときも、いつからでも、新しいことを始めることができる。

必要なことは、今できることを、しっかりやっていけばいいのだ。日々をムダにせず、やれることをやっていけばいい。

そこから、自分の人生に目覚める時がきっとくる。

出典

『いま、子どもたちに伝えたいこと』(ウェッジ、2010年)