結局みんな、「自分が正しい」と思っている

2人組

この世には、人々がいるだけ、それだけ公正な生き方があるのです。

すべての人は自分は正しく生きていると思っています。それをどう塩梅し、より広い人たちが安堵を得るかが大事です。

羅生門に住む鬼どもさえそう思っているのではないでしょうか。

辻邦生(作家)

人間関係で悩まないためにこのことを知っておく。

相手の立場を否定せずそこに配慮を示すこと。人を露骨に否定しないこと。

人は誰もが、心のどこかで「自分は正しい」と思っている。だから、人の意見に従いたくないし、人から命令もされたくない。

これが多くの人の本音である。

スポンサーリンク

人は確かに動かせる

有無を言わせず人を従わせるには、上下関係を持つか、利益でつるか、いずれかの方法しかない。それによって、一時的に人を動かすことはできる。

しかし、人に影響を与え、その人の人間性を思想によって根本から変えようとすることなど、考えないほうがいい。

人を「感化」しようとしたり、「教育」によってその人の人間性を変えられるのは、せいぜい小さい子供くらいだ。

本質的な部分においては、決して変えることはできない。その人が心から本当に「変わりたい」と思わない限り。

「人は変えられない」という前提

この世の中は、「我こそが正しい」と思う人々が闊歩する混沌の地だ。

表面上はどうであれ、みんな心のなかで、「自分が正しい、自分が一番」と思っている。だからこそ、人と人との衝突が絶えない。

だからこそ、人を変えることはできない。

そのことを前提に、人間関係を考えることで無意味な衝突は避けられるだろうし、人間関係で必要以上に失望することはないだろう。

人との付き合いは、相手の立場を追い詰めないこと。例え、どんなに相手に非があるとしても。例えその人が罪人であっても、だ。

彼らには彼らなりの、正しい理由があるのだから。

出典

『西行花伝』(新潮社文庫、1999年)