「自分を信じる」ということは案外難しいけれど

自信がない

自分以外のものは名ばかりで、つかの間の命しか持たないものとみなし、たとえ周囲のすべてが反対しようとも、自分の意見を貫くことだ。

人間はいとも簡単にバッジや名前、大きな団体や死んだ組織にひれふしてしまう。そのことを考えると、恥ずかしくなるほどだ。

ラルフ・ウォルド・エマーソン(思想家)

自分が「こうだ」と思うことを信じ、信頼し続けるのは難しい。人はいとも簡単に、周囲の権威者の一声によって、信念を曲げてしまう。

しかし、本当に心から自分が信じること、大切な価値観は、誰に理解されなくとも、最後まで持ち続けたい。

スポンサーリンク

どうやって自分を信じるか

自分の信念を保つということは、人の批判や意見を遠ざけることではない。人の話を聞き、様々な意見を取り入れる視野の広さも必要だろう。

問題なのは、人の批判や評価を、検討もせずに受け入れてしまうことだ。特に、権威のある人からの批判はなおさらだ。

「政治家のAさんがこう言った。東大の学者のBさんがこう言った。だからこの考え方は間違いかもしれない」

このような具合に、批判者が有名で権威があればあるほど、人はいとも簡単に自分の考えを曲げてしまう。

だからこそ、再度自分の中で問いただす。自分が本当は何を信じているか。それは間違っているか。

そこでよりよい考え方があるなら、合理的な変節漢になっても問題はない

しかし、自分のなかで幾度も問いただしてもなお、「これでいい」と思うことは、やはりそれでいいのだ。

自分の心に従う意味

大切なのは周りがどう言うかではない。自分がどう思うのか。どう考えるのか。どう感じるのか。

すべてはそこに優先する。

自分がいいと思ったことはいいのだし、おかしいと思ったことはおかしい。正しいとか間違っているとか、根拠があるとかないとか、そんなことは対して重要ではない。

つまりは誰か偉い人の言いなりになって、自分の考えを否定しないことである。自分は自分で意見がある。それを大切にしていけばいいのである。

本当に大切なのは、自分にとって正しいということなのだから。

出典

『自己信頼(新訳)』(海と月社、2009年)