「人生良い時もあれば悪い時もある」という当たり前の話

時を超える男

Life has its ups and downs.

人生は山あり谷あり。

英語のことわざ

当たり前だが、人生は良い時もあれば悪い時もある。

人生で良い時が続くとき、私たちはそれが今後も続いていくと勘違いしてしまう。しかし良い時期が来れば悪い時期がやって来るのは自然の道理。人生の良い時期は決して長続きはしない。

逆に言えば、今人生で悪いことが続いていたとしても、それは必ず終わる。そして、悪い時期の次には良い時期がやって来ると相場が決まっている。

だから人生良い時期だろうが悪い時期だろうが、一喜一憂する必要はない。それは当たり前のことである。

運が良いときに頑張る

悪い時期があるから良い時期が楽しめる。良い時期があるからこそ悪い時期に人生で必要なことを学ぶことができる。

こうして人生は山あり谷あり、いろんな光景を楽しむことができるが、ただ一つだけ注意したいのは、それぞれの時期の過ごし方である。

人生で良い時が続くときは、思い切りハネを伸ばし、思う存分頑張ればいい。ココで頑張れば頑張るほど、その後の悪い時期が楽になる。

だからもし「人生で積極的に頑張らなければいけないとき」があるならば。まさにこのときがそうである。動けるうちに、動くのが吉である。

運が悪いときは動かない

一方、人生で悪い時が続く時期は決して無理をしないことである。

そもそも、ダメな時期は何をやってもダメである。だから新しいことを始めたり、ハードワークで自分を追い込むのは厳禁である。

どのみち、悪い時期は何をしても一発逆転は期待できない。いやむしろ、頑張れば頑張るほど、その努力が効果を発揮するどころか「踏んだり蹴ったり」になる場合もある。

だから焦ってはいけない。ひたすら耐えて現状維持を目指すのがせいぜいである。じっとしていれば、そのうち流れが変わるのを実感できる。派手に動くのはそのときでいいのである。

最後に

人生良いときもあれば悪いときもある。

大切なのは、それぞれの運気に応じて、自分の行動を調整することである。つまり上手くいかないときは頑張らなくていい。流れが変わるまでは完全現状維持。「こんな自分はダメだ!」と焦る必要はない。

一方、状況が変わり人生で積極的に動くときが来たならば。そのときこそチャンス。できる限りの努力をして、死ぬ気で「頑張る」価値がある。

大切なのはバランスである。人生には好不調の波があるのだから。

あわせて読みたい

人生で「頑張ってはいけない」タイミングの話

人生は右肩波上がり。上がって下がって良くなっていく!

本当の意味で「運がいい」ということ