人生とは自分を高める旅である

トラベラー

人生の本当の成功は、今よりももっと素晴らしい自分に出会うことだ。それはお金とか名誉とかそんな問題ではなく、人間性の問題である。

いくら経済的に成功してお金持ちになっても、他人の迷惑を顧みずに害を与える人間になっては意味がない。

「世の中では自分が与えたものが返ってくる」という法則のとおり、人生の最期の瞬間に「自分の人生は失敗だった・・・」と後悔するだけだろう。

逆に、人間性を高め、自分の人生において一歩一歩着実に歩んでいけるものは、自分の人生において、納得できる最期を迎えることができる。

この意味で、最終的に人生は平等だ。チャンスは誰にでも与えられている。

スポンサーリンク

自分が自分として生まれた理由

自分が自分として生まれたことには意味がある。

生まれという与えられた条件のなか、そこから目指せる限りの最善を目指していく。それこそが人生であり、人と条件が違うのは当然である。

それについてあれこれ言うのは実は全く意味がない。なぜなら、人とあなたは最初から人生で学ぶべき課題が違うからである。

例えば、あなたは異性にモテず、孤独で、「なぜ私は寂しい人生を送っているのだろう?」と悩んでいるとする。

このときあなたには学ぶべきことがたくさんある。モテないからこそ学べることがたくさんある。いや、むしろモテないときにしか学べないことがある。

だから悩むことは正しいことなのだ。

モテる人を羨む必要はない。モテる人にはモテる悩みが必ずある。だからあなたはあなたが学ぶことを学んで、そこから人間性を高めていけばいいのである。

大切なものは悩みの先で見つかる

人生で悩みが尽きないのは理由がある。悩みがなければ人は成長しない。旅もただただ、退屈なもので終わるだろう。当然、成長することもできない。

だから人生で何かに悩むことがあったときは「ここから何を学ぶ必要があるのだろうか?」という問いを忘れないことである。

一歩一歩、目の前の課題に真摯に向き合っていく。そうして一歩一歩前へ進んでいく。前へ進む旅、あなたは一皮むけて、人間としてより良くなっている自分に気がつく。

苦労はただ苦労するためだけにあるのではない。

それを乗り越えたときはじめて、苦労がやって来る理由が分かる。そして、その苦労は無意味にやって来たものではないことを確信できる。

一つ一つ、人生で様々な経験を積んでいく。そして、今よりももっと素晴らしい自分に出会う。こうして人生では、自分という名の素晴らしい物語が紡がれていく。