なりたい自分になれない人生は失敗ではない

私ならやれる!

30代を超えて、つぐつぐ人生は面白いなと思う。

人にはそれぞれ、理想の生き方があると思うが、心のどこかで無意識に期待しているものは、それがどこかでカタチになってくる。

それは自分が思ったようなカタチではないけれど、「こんな在り方もいい」と思えるカタチで落ち着いていくる。

筆者の人生もそうだった。

スポンサーリンク

カタチを変えて最善の結果がやってくる

筆者は10代の頃、会社とかに勤めず、自分一人で仕事をして生きてける、そんな生き方をしたいとずっと思っていた。

それで10代の頃は音楽に夢中になっていたので、音楽家になりたいと上京、夢を叶えるために努力を続けた。

ところが現実は上手くいかず挫折し、大学生となった。それで夢や希望、全てを捨てて大学を卒業し、人並みの普通の暮らしをしていこうと心に誓った。

ところが就職は失敗して、そこから20代、長いどん底人生が始まるが、結局不思議なことに、どん底の夜が明けたとき、10代の頃自分が夢見ていたライフスタイルが手に入った。

それは決して自分が想像していたカタチではないけれども、当初の目標とは全然違うカタチだけれども、本質的な部分では自分の無意識が現実のカタチとなった。

このような具合、本当に人生は不思議なものだと、改めて思う。

だから例え人生が自分の思ったようなカタチなっていなかったとしても、それはそれで良いのかもしれない。

なりたい自分になれなくても、今いる自分はそれそれできっと正しいのだろう。だから、人生「こうあるべき」とか考えず、頭を柔らかくして柔軟にやっていけばいいのだと思う。

自分で自分を見切らない

人生で挫折してしまう人は往々にして柔軟性が欠けている場合が多い。

自分が「こうだ!」と決めたら、それを曲げずに教条化してしまう。それは素晴らしいことなのかもしれないが、初志貫徹、何から何まで物事を最初から一貫させるのは難しい。

それに、変化の激しい今の時代、それはかえって可能性を狭めてしまうことになるような気もする。だから目標くらいは大まかに持っておくのはいい。

ただ、その方法や過程は柔軟にし、ときに目標を反故にしてしまうくらいがちょうどいいような気もする。

なぜなら、最終的には、無意識で本当に欲しているものは、方法や手段がどうであれ、何らかカタチになるからだ。

だから目標に失敗したり、夢が叶わったように思えても、「自分はダメだ、人生はおしまいだ・・・」と絶望する必要はないと思う。

人生は皮肉屋で、欲しいときには欲しいものを与えてくれず、こちらが忘れたタイミングで欲しいものを与えてくれる。

夢や目標にこだわるのも一つの生き方だが、なりたい自分になれなくても、人生思い通りにいかなくても、それはそれで意味があるということを忘れないようにしたい。

最後に

人生はどこでどうなるか分からない。ずっと昔に願っていた夢が、不思議なタイミングで実現する。

人生挫折続きで失敗続きだったのが一転して、挫折を帳消しにするような幸運に恵まれる。だから自分で自分の人生を見切らないことが肝心だ。

人生自分の思い通りにはいかない。しかしそれはあくまで自分視点の話だ。どうやら物事にはタイミングがあるようで、上手くいかないことは上手くいかない理由がある。

それはもしかしたらただ単純に、時を得ないがゆえに、上手くいかなかっただけなのかもしれない。

何にせよ、失敗は失敗ではない。夢に挫折しても、目標が達成できなくても、「自分はダメだ・・・」「人生無駄だった・・・」と思い込むのは損である。

人生思い通りにならないことも多いけれども、失望することも多いけれども、長い目で見ればいいこともたくさんやってくる。

だから自分で自分の可能性を見切らずに、心を柔軟にして、長い目で、人生を歩んでいこう。最後にはきっと、自分に相応しい場所に辿り着くはずだ。

あわせて読みたい

「自分らしさ」に気づくかんたんな方法

夢を追う意味。それは自分の魂との約束を果たすこと

もっとマシな人生を送りたい?それならまず