進むことになった道が正しい道。人生で迷ったときのこんな考え方

スポンサーリンク

導き

こちらに進むかあちらへ進むか、人生には選択を迫られるときがある。

道は2つあるけれど、でもどちらへ進んでいいか分からない。そんなときはどうすればいいのか?

こういうときに大切なのは、あえて、どちらかを選択しないことだと思う。というのは、どちらに進むべきなのか、その答えは時間が教えてくれるからだ。

スポンサーリンク

進んではいけない道は「ストップ」がかかる

人生不思議なもので、上手くいかない道、進むべきでない道には、必ず「ストップ」がかかる。

そちらを選ぼうとすると、「なんでこんなことが起こるんだ?」というような問題が降りかかってきて、その道へ進むのが不可能になってしまう。

例)転職で悩んでいる。今の会社に残り続けるか、別の会社に転職するか迷っている。

→今の会社で何故かトラブルが続く。上司にパワハラされたり、仕事のミスをとがめられてクビになってしまう。

→強制的に転職することになる。

→転職する道が正解だった。

こんなふうに、結果として、もう一つの残った道へ進むことになるのだが、それは不思議と、物事がスムーズに進む。そして、「こっちが正しかったんだ」ということが分かる。

つまり、結果的に残った道こそが進むべき正しい道で、選択すべき道なのだ。それは、自分の努力意志関係なく、ある意味強制的に残ってしまう道だ。

結果には理由がある

その意味は、もしかしたら1年や3年、短期間ではあまり意味が分からないのかもしれない。

でも、5年10年のスパンで見てみると、その意味に気がつく。自分の人生で変化が起こった。今までとは別の人生になった。それはその選択をしたからで、その道を選んだからこそ、人生が変わった。

そのことに気がつくときが来る。それを知ると、人生とはある意味、「最初から計画されたもの」で、人にはそれぞれ、進むべき運命のようなものがあることに気がつく。

その方向へ進むことに意味があって、自分が進むべきでない方向は、強制的に弾かれて、進めないようになっている。

だから、人生で選択すべきとき、大切なのは、AかB、どちらか決断をはっきり決めないことだと思う。どちらかを選ぶ場合、すぐに決断せず、時間を置くことだと思う。

そうすれば、時間の経過とともに、どちらか一方を選ばざるをえないときがやってくる。そして、選ばざるを得なかったものこそが、正しい選択なのだと思う。

意志より大切なもの

ここで大切なのは、「私は絶対こっちがいい!」と最初から答えを決めつけないことだ。

上手くいかない方向、やめておいた方がいい方向には、必ずストップがかかる。障害や問題が起きて、「これはやめておいた方がいいのか?」というサインが見つかる。

それに反感を感じたとしても、素直に「ストップ」のサインを受け取ることが大切だ。

自分の好み、希望、意志、そういったものをとりあえず横に置いておく。そして、残った選択を選択する。そうすることで、自分の想定を超えた、いろんな発見が見つかる。

だから、人生の選択で大切なのは、自分の意志や希望から距離を置いて、「こっちへ進め」と感じる、自然な方向へ進んでいくことなのだと思う。

それが自分の人生にとって最善の答えで、然るべき、歩むべき、道になっていくのだと思う。そしてそこには、必ず何かの意味があるのだ。