自分が惨めに感じたら、決してそこから逃げてはいけない

希望を待つ女性

人生ときに、

「なんで自分はこんなにもダメなんだ・・・」

「何もかもうまくいかない。こんな人生、最低だ・・・」

というような、自分が惨めで仕方ないときがやって来る。

こういうときにしてはいけないことは、自分の惨めな気持ちから目を背けて、現実逃避することである。

スポンサーリンク

「惨めな自分」を否定しないで受け入れる

「今の自分は本当の自分ではない。自分はもっとできる人間だ」

このように考えれば、多少は惨めさから逃げることができるが、それはどこまで逃げてもずっとあなたを追いかけてくる。

何より、

どれだけ自分を肯定しようが、惨めな気持ちは決して消えない。現実は何一つ変わることはない。

だからこそ、惨めな自分、どん底の自分を否定しないこと。思い切って、惨めな自分と、とことん向き合うことだ。

なぜ自分は惨めに感じるのか?一体人生、どこで失敗してしまったのか?

その痛みを正面から受け止めること。胸の痛み、失望感や挫折感。未来への不安。そういったネガティブな存在を決して否定せず、ありのまま受け止めるのだ。

そこに、あなたが人生で惨めさを味わう必然性と意味が、隠されている。

関連記事:これ以上ないほど惨めなときこそ、人生が変わる最大のチャンスである。

底の底までとことん落ちる

ある意味、どん底というのは人生が変わる絶好のタイミングである。

心の底から、「もうこんな人生はうんざりだ!」と思ったとき、あなたの人生は、何かが変わり始める。

だから、自分が惨めでどうしようもないときは、その惨めさから逃げようとしてはいけない。とことん惨めさを味わい、感じ尽くすことが大切だ。

底の底まで落ちたら、あとは上へ登っていくだけである。この意味で、中途半端に落ちてはいけない。落ちるときはとことん落ちた方が良いのだ。

「これ以上ない」というほど、自分の惨めさを実感しよう。どれだけ自分の人生が最低で、どうしようもないのかを感じよう。

するとその後、何か憑き物がとれたかのように、爽快な気持ちが湧き上がってくるのを実感できる。

そして、「今の自分は最高の惨めだけど、これから先の人生、もうこんな最低な人生は二度と送りたくない」という、心の声が聞こえてくる。

この瞬間こそ、あなたの人生が変わる瞬間だ。

最後に

本当の意味での希望を知っている人は、果てしない絶望を知っている人である。

だから、もしあなたが今最悪に惨めで、自分の人生がゴミのように感じているのであれば、あなたは大きなチャンスを手に入れる権利を持っていることを実感して欲しい。

今後、あなたの人生がより良くなったときあなたはきっと、希望の喜びを、誰よりも実感できるはずだ。全てはそのために必要なことなのだ。

だから、決して今の惨めさから逃げてはいけない。これ以上ないくらい、その苦痛を味わえばいい。

そうすればいつかきっと、あなたは今まで味わった以上の喜びと幸せを、人生で味わえるのだから。

あわせて読みたい

ピンチはチャンスは正しい。ただしピンチを本当のチャンスに変えるには

避けられない不満には人生で必要な学びがある。しかし避けれる不満に甘んじる必要はない

人生実は、「頑張っている」ことほど案外上手くいかない