成功したいなら、自分を変えるな。

わが道を行く

自分と正反対の人に憧れてもダメです。

本気で変わろうとしていたら、正反対の人に憧れるわけがないんだよ。人間というのは、持って生まれた性質で成功するようになっているわけだから。

でも、人はついついないものねだりをしてしまう。

斎藤一人

「今の自分はダメだ。あの人のようになりたい。あの人のようになれたら、自分の人生はきっと・・・」

人生一度は、自分を全否定して、自分の以外の誰かになりたいと思う時期がある。

しかし、自分は結局自分にしかなれない。そして、自分以外の誰かになる必要もない。

なぜなら、自分が自分であることこそ、それが一番大切なことであり、価値があることだからである。

スポンサーリンク

自分が一人しかいないという事実

この世の中において、自分という人間は良くも悪くも自分しか存在しない。

良いところも悪いところもすべて、この世の中のオンリー1であり、自分が他の誰かになれないように、他の誰かが自分になることはできない。

これはとてつもなく、すごい事実である。

自分が自分としてこの世の中に存在しているだけで、そこには何らかの価値を提供することができる。

「自分はダメだ」と自分を否定していたとしても、その事実だけは変えることができない。

だからこそ、自分という存在を認めること。そしてオンリー1の部分を見つけること。

そこに、自分が自分であることの理由が隠されている。

最強は「自分なり」

「独りよがり」という言葉があるように、「自分なり」の方法を見出していくことは、ときに否定的な反応を受けることがある。

しかし世の中でうまくいっている人は例外なく、「自分なり」の方法を見つけて結果を出した人たちである。

もちろん、人の成功例から学び、参考にすることはできる。

しかし人の成功は結局その人だけができる特殊解であり、誰もが同じように成功できる一般解ではない。

つまり、自分が自分の人生を成功に導くならば。自分なりの特殊解を見つける必要があるのである。

だから私たちは自分について知り、自分を認め、受け入れる必要があるのである。

最後に

世の中、「誰でもできる」ことはたくさんある。しかし、その「誰でもできる」ことでさえ、人とは違うやり方をすることができる。

それが「自分なり」のやり方であり、それを極めていくことに、自分しかできない何かを見出すことができる。

大切なのは常に「自分なり」を考えること。そして自分は自分で人は人。他人がどうこうではなく、自分はどうなのか。

それを常に最優先で考えることである。そこに自分の生きる道がある。

そして、成功する道がある。この道がきっと、人生で最も満足度が高い道になるだろう。

出典

『斎藤一人 自由力』(信長出版、2018年)

あわせて読みたい

自分は自分、人は人。この当たり前を徹底することで

自分のこだわりとスタイルを持つ意味

自分が一体何者なのか。それを忘れてしまうと地獄が待っている