自分にとって大切なことがなぜ大切なのかという話。

髪くるくる

われわれが物事の表面だけをうまくつくろっても、結局、真実に値するほど役立つものではない。

永続するのは、ただ真実だけである。われわれは、たいていの場合、自分たちが居るべき場所におらず、偽りの場所に居る。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

物事には自分にとって本当に大切なものと、大切でないものがある。

前者はいわゆる自分の本質そのものであり、それなくしては決して自分という存在が成り立たないほど、自分がこの世を生きる上で必要不可欠な、絶対的な意味を持つものである。

だからこそ、それは決して無視できず、軽視してはいけない絶対的優先度が必要なものである。そして、これを大切にする人は、自分の人生において大切なことを見誤らない。

だから人として道を間違えることはないし、人生が最終的にはうまくいく。

スポンサーリンク

自分にとって大切でないことは

一方問題なのは後者である。

長い目で見ると自分や人生に対して、それは対して大きな影響を与えているわけではない。言わばそれは問題の枝葉のようなものであって、決して最重要な影響を与えるものではない。

極論を言えば、それがどうであれ、関心を注ごうが無視をしようが、人生に対した影響は出ない。

にもかかわらず、これにとらわれてしまった挙げ句、前者、つまり物事の本質を見誤って失敗してしまう。そして不本意な道へ進んでしまう。

そういう過ちを犯してしまうケースが実に多い。

大切なのはこういうこと

大切なのは、物事には本当に重要なこと。そして放置しても対して影響がない重要でないことがある。

それを明確に認識した上で、自分にとって本当に重要なことに集中することである。

何が自分にとって本当に大切で、大切でないのか。そのケジメはきちんとつけた上で、自分の道を迷うことなく進んでいく。

自分にとって本当に大切なことを、何より最優先する。これが基本であり、自分が自分である一番の理由である。

そして、自分の人生を歩む、本質的意味である。

出典

『森の生活』(講談社学術文庫、1991年)