「行動できない自分」に伝えたい言葉

希望を胸に抱く男たち

結果が出なくても自分の可能性を信じ続けられることが才能。

千田琢哉

頑張れば報われる。

世の中、努力する人が全て報われれば、どれほど素晴らしいだろうか。やることが上手くいくなら、どんどん頑張ろうという気になるものだ。

しかし、ここに1つ残酷な事実がある。「努力は成果を保証しない」という事実だ。

努力は必要条件、その上で

努力は成功のために必要な必要条件だが、十分条件ではない。結果を出すためには行動する必要がある。

ただ座って待っていて、奇跡がおこることはまずない。

だからこそ大切なのは、結果が上手くいかなくても、まず動くこと。今までのやり方を変えて、行動し続けることだ。

その根本には、「今は結果を出せてないが自分には出来る」「これからきっと、どんどん良くなる」という自分への全幅の信頼が必要だ。

その信念があるからこそ、長い下積み時代や、上手くいかないときを乗り越える大きな力になる。

自分を本当の意味で信じるとはこういうこと

何かを得ようとすれば、行動が必要だ。

同時に、努力が結果にならず上手くいかないときでさえ、それにくじけず気にしない鈍感力が必要だ。

その上で、

「大丈夫、上手くいく。自分にはできる」

この信念を持ち続けられる人は、いつかやがて、そのとおりの現実がやってくるだろう。

最後に

努力は結果を裏切らない。

自分ならできる。最後には上手くいくことを、心から信じている限り。努力は結果を裏切らない。

今結果が出ているかどうか。そんなことは関係ない。人生のこの先で、結果を出せてる自分自身を信じられること。

本当に大切なのは、ただその一点なのである。

出典

『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』(秀和システム、2012年)

あわせて読みたい

努力するなら正しい努力。報われない努力は今すぐ

なぜその努力は苦しいのか?する必要がない努力だから

そっちへ進んではいけない?人生で間違った方向へ進んだときに現れるサインとは