行動する勇気が持てるかどうか。たったそれだけのことで

空を舞う

勇気なければ栄光なし。

チャールズ(映画『ダイ・ハード3』の登場人物)

人生には絶対に動くべきときがある。

そのとき勇気を出して行動したかしなかったか。それが文字通り、自分の運命を分かつ。

動くべきときに勇気を持って動いた者は栄光をつかみ、輝かしい未来へと進んでいく。しかし、動くべきときに動かない者は、永遠にチャンスをつかむことができない。

確かに、決断のときは勇気が必要だ。「上手くいかないのではないか?」という不安も頭に過る。しかし、結局はそこで行動できたかできなかったか、それが全てなのだ。

だから人生が変えるときはいつも必ず、勇気が必要になる。

その一歩を踏み出せた踏み出せなかったか。行動できたかできなかったか。たったそれだけのことが、その後の人生の一生を左右していくほどの影響力を持つ。

行動する勇気が持てるかどうか。たったそれだけのことなのだ。後悔しないためには、勇気を振り絞って、動くべきときに、やるべきことをやるしかない。

もし人生で決断のときが来たら、自分にこう言い聞かせよう。「勇気なければ栄光なし」と。恐れずに、新しい未来をつかむのだ。

出典

『ダイ・ハード3』(1995年)