人生勝ちすぎ注意。勝ちすぎればいつかどこかで不幸を招く

ソファで寝転がり考え事

人間は、四十歳までは勝とうと心がけるがよい。

四十歳を超したら、負けまいと心がけるべきだ。ただし、二十代でもあまり勝ちすぎるのはよくない。

勝軍は、五分を上とし、七分を中とし、十分を以て下とする。五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分は驕りを生ずる。

人は、すこし鈍なるを仕込みたるがよし。

武田信玄

人生をある意味、一番安定して生きていくために大切なのは、適度に挫折を経験することである。

つまり、人生で何かがうまくいく。するとしばらくして失敗して落ち込む。それからまたうまくいく。

そんな、適度に失敗した方が、人生長い目で見ると、それが一番安心である。

スポンサーリンク

勝ちすぎが不幸を招く理由

人生何もかもがうまくいく人。勝ち続けてきた人。それは素晴らしいことかもしれないが、致命的な欠点を持つ。

それは、挫折を経験できない、という欠点である。

勝ちばかり知り、負けを知らない人はもろい。そして人生勝ち続けてきた人ほど、ここ一番という人生の山場で、大きな負けを喫する。

その結果人生が詰んでしまうケースがあまり多い。

高学歴を手に入れて出世に出世を重ねた人が、不正を重ねて逮捕され人生が詰む。そんなニュースはまさに、この典型例である。

勝ち続ければ驕りが生じる。自分なら何をしても許される。そんな慢心が心を蝕み、そして、人を不正へと走らせる。

挙げ句、今まで築いてきたものをすべて、自分でぶち壊し、人生が詰む。これは人生で勝ち続けることの大きな弊害である。

だからこそ大切なのは、人生適度に挫折をしておく、ということである。

時々転んで痛い目に遭うくらいがちょうどいい

努力しても報われない。頑張ってきたことがすべてムダに終わってしまう。

それによって私達は、自分は決して完璧ではない。世の中では思い通りにならないことを知ることができる。

それによって、心の思い上がりを正され、謙虚に生きていくことができる。

この意味で、人生何度もつまづくこと。失敗続きの人生を送ること。それは決して、不運なことではない。

長い目で人生を見ると、その失敗。

その挫折こそ、あなたの人格を高め、そして、人生の夕暮れ時に痛い目に遭わないための、貴重な教訓を与えてくれているのだ。

だから人生勝ちまくる必要はない。

適度に挫折し、痛い目に遭おう。そして世の中に失望しよう。ときには自分からあえて、損する道を選ぼう。

それくらいで、ちょうどいいのだ。

出典

『戦国武将の辞世』(朝日新書、2017年)