TAG

生き方

人生で起こる80%のことは「穏便」に済ませていい。ただし

人生、人から恨みを買うことほど怖いことはない。だから無駄な争い。不要なトラブルは、徹底して避けるべきである。 この意味で、「波風立てずに穏便に済ませる」という日本人的な発想は、人生を無事平穏に生きるために、常に意識したい大切な教えである。 ただし人生、何でも「波風立てずに穏便に済 […]

「~しかない」この考えが精神的に自分を追い詰める元凶

人生には自分を追い詰め、不幸に追いやる考え方がある。それが、「これしかない」という考え方である。 「私には今の恋人しかいない」 「この仕事をするしかない」 「こう生きるしかない」 こう考えることによって、自分が持っている他の選択肢があることを忘れ、自分を精神的に追い詰めてしまう。 […]

人生にはいろんなパターンがある。そのなかでも特にツイてるパターンがこれ

人生は長距離マラソン。 最後の最後で「自分の人生はこれで良かった」と納得できれば、途中経過がどうであれ、その人生は成功である。 だからこそ大切なのは、人生長い目で考えること。目の前がどうであれ、その先を見据えていくことが大切だ。 はじめに 人生にはいろんなパターンがあるが、「これ […]

人生が突然うまくいかなくなった。それは悲報ではなくむしろ

人生はあるタイミングで、突如と変化することを要求してくる。 それまで順調だった全ての物事がうまくいかなくなり、「あなたは今のままではいけません」というメッセージを突きつけてくる。 そこで人生をやり直すことになるのだが、大切なのは変化は変化。 既に起こってしまった現実を否定せず、変 […]

自分の悩みは誰かの悩み。乗り越えたら自分だけでなく

この世界では、様々な事情を持つ人が、様々な悩みを持ち、自分の人生を必死に生きている。 ある人はどん底のなか。そしてある人は幸せの絶頂。それぞれ、タイミングは違うが、一つ共通して言えることがある。 それは、誰もが皆人生に悩んで生きている、ということである。 人にはそれぞれ苦労がある […]

自分のペースでぼちぼち歩く。これが自分の人生の歩み方

人生あわてても仕方ない。 まわりはどうあろうと、自分は自分で、たったひとつしかない人生を大事に見つめて歩いていく。 それでも、家康さんのように、「重きを負うて遠き道を歩む」などと気負うこともない。 人生はそれほどたいしたものではない。 ごく素直に、ぼちぼちと歩けばいい。また、ぼち […]

生きるに値する人生を生きる。それがこの世に生まれた意味

人生はたった一度きり。 人生を生きる価値のあるものにするか。それとも不満だらけで後悔ばかりの人生にするか。 その決定的な違いはいかに自分が自覚的に自分の人生を歩むことができたかどうか。まさにその一点にかかっている。 人生を生きる大前提 人生とはいわば、自分という名の物語。主人公は […]

男は本来寂しい生き物。結婚しても独身でも、孤独で寂しいのは皆同じ

このオレに あたたかいのは 便座だけ サラリーマン川柳 人生、一人孤独に生きていくことは辛く、寂しい。 しかし、それよりもっと辛く寂しいのは、誰かと一緒に暮らしていても、自分の存在が「いてもいなくても同じ」ような扱いを受けることである。 それは、一人で生きていくよりも、ずっとずっ […]

仕事は選んでいい。よりよい仕事を選ぶ権利は誰にでもあるから

よく「選ばなければ仕事はいくらでもある」というようなことを若者に言う年長者がいますが、それは間違いです。 よりよい仕事を選ぶ権利は誰にでもあるのです。死ぬまでやりたくもない仕事で身も心もすり減らせと言うのでしょうか。 好きで始めた仕事でさえ苦しいことはたくさんあります。その仕事を […]

「社会は不公平である」という当たり前の話

愚か者や怠け者は差別と不公平に苦しみ、賢いものや努力したものは、いろいろな特権を得て、豊かな人生を送ることができる。 それが、社会というものです。 阿久津真矢 社会で広く信じられているウソが一つある。 それは、賢く努力したものが幸せに暮らすことができ、努力もしない怠け者は不幸に暮 […]