生き方

人生

自分のペースでぼちぼち歩く。これが自分の人生の歩み方

自分の人生は自分の人生。人と比べず、自分のペースで前へ進んでいけばいい。焦らず急がず、ただ自分のペースを大切にして、自分の人生を歩んでいく。
目的

生きるに値する人生を生きる。それがこの世に生まれた意味

何のために自分という人生を生きるのか。それは、自分がこの世を生きるに値する人生を生きるため。自分にとって一番正しい道は、自分が一番知っている。その道を進むことによって、自分という人生を生きる、本当の意味を見つけることができる。
人間

男は本来寂しい生き物。結婚しても独身でも、孤独で寂しいのは皆同じ

男の本質を示すサラリーマン川柳の名作より。なぜ男は女よりも寂しいのか?それは、男が競争を運命づけられた存在だから。家庭を築いても独身でも、寂しさの本質は変わらない。
仕事

仕事は選んでいい。よりよい仕事を選ぶ権利は誰にでもあるから

選ばなければ仕事はたしかにたくさんある。しかし本当にそれでいいのか。向いていない仕事をムリして続ける必要があるのか。そんな悩みを持つあなたにおすすめの言葉がこちら。
世の中

「社会は不公平である」という当たり前の話

「努力すれば報われる。幸せになれる。そんな話はインチキだ!」と気づいている現実的なあなたにおすすめの名言。そう、世の中は不公平だ。決して平等ではない。努力しても報われないこともある。だからといって、すべてを否定する必要はない。
ヒント

失敗しない「効率的」な生き方は本当に良いことなのか?【回り道】

人生は回り道OK。転んでつまづくからこそ価値がある。なんでもかんでもまっすぐ効率的に成功していく生き方は、人生で本当に大切な何かを得るチャンスを失う。
仕事

仕事にワクワクする必要なんて1ミリもない。ただし

世の中、どんな仕事にも意味がある。好きでワクワクする仕事が選べなければそれはそれでいい。あなたが今目の前の仕事に100%全力で取り組むならば。
自己実現

なりたい自分になることを、かんたんにあきらめるな

あなたはあなたという、この世に二つとない人生を生きている。その本当の意味を知れば、あなたはもっと自由に正直に生きていいことに気がつくはず。
処世

「自分の人生に期待しない」という生き方

自分の人生に期待しすぎず、ある程度は無関心に生きる。大切なのは自分にとって軽すぎず重すぎない、適度なバランスを見つけること。
信念

自分の人生を生きるということ

人生の主役は自分自身。他の誰でもない自分こそが人生の物語を紡ぎ出すことができる。だから決して傍観者になってはいけない。