ツイてないときに更にツイてないことを招かない鉄則

困惑する美女

大半の連中は勝負で負けると泣いてやめちまう。

でも耐えて幸運を待つんだ。誰でも幸運、不運は回ってくる。ツイてないときは動くんじゃない。

ゴードン・ゲッコー

人生にはどうにも運が悪いときがある。

では運が悪いときはどうすればいいのか?

早い話、

運が悪いときは何もしないでじっとしているほうが安心

という話である。

スポンサーリンク

ツイてないときは自分から仕掛けない

ツイてないときにはツイてない流れがある。

失敗は失敗を呼び、不運は不運を呼ぶ。ところが、その流れはいつか変わる。いつまでも不運な状態は続かない。

だからツイてないときは動かずに耐えるときなのだ。そうしていれば、ある段階で必ず、流れは変る。

流れは必ず変わる事実

運とは面白いもので、流れが変わったら、面白いように運が巡ってツイてくる。

運が巡って来たそのときこそ、今までの不運を挽回するときだ。積極的に動いて、今までの不運の分を取り戻すのだ。

不運のときに余計な行動をせずにいれば、損害少なく、幸運を甘受できる。これがラックマネジメントの秘訣だ。

まとめ

ツイてないときはどうしようもない。どうしようもないから頑張らない。そのかわり、運が回復したときに頑張ればいい。

結局それが一番自然なことなのだ。

すなわちツイてないときは動かない。じっとして、それ以上の不運を招かないようにするのが最大のコツである。

出典

『ウォール・ストリート』(2012年)

あわせて読みたい

人生ことあるごとにつまづいてしまう。これは不幸なことではなくむしろ

奇跡の前には不吉なことが起こる真実

「不幸は平等に訪れる」本当の意味