「今」目の前の出会いをムダにしなければ運命の人とはいつかどこかで必ずつながる。

幸せな2人

別れはいつも突然やってくる。そういうものだ。

渡部クラマ(『魔神英雄伝ワタル』より)

人は誰かと出会い、そして別れて、また新しい誰かと出会う。

出会いと別れを繰り返すことで、私達は人生で出会うべき、本当に大切な誰かとつながるようになっている。

この意味で大切なのは、「今」目の前の出会いを決してムダにしないことである。

話はこういうこと

今出会っている人。目の前にいる人。その人とは「出会う必要があった」からこそ、その出会いが与えられている。

つまり、その出会いは無意味ではなく、必然性があったからこそ与えられているご縁である。そのご縁は、ムダにできない大切なものである。

もしかしたらなぜ出会ったのか。その意味はまだ、わからないかもしれない。

しかし、お互いが必要な学びを得たならば、その出会いの意味が決して、無意味でないことを確信できる。こうして私達はやがて、運命の出会いへと導かれていく。

必要のない縁は驚くほどかんたんに切れる

「今」与えられているご縁は出会い、何らかの気づきを与え合う必要があるからこそ与えられている。だからこそ面白いのは、その縁が切れるときである。

「既に必要な学びを十分に得た」段階で、そのご縁は驚くほどかんたんに、スッキリ切れることになる。

例えその人とそれまでに何十回、いや何百回と濃厚な関係を築いていたとしても。縁が切れるときは驚くほどあっさり、それは切れてしまう。

そして縁が切れた段階においても、驚くほど悲しくない。なぜなら、心の深い部分がそれを予期していたからである。

だから執着は不要

あなたが意識的な部分でどのように考えていたとしても、あなたにとって経験すべきことを経験させてくれる人とは、必ず出会うことになっている。

それが人間的成長や仕事、プライベートな部分、形は関係なく、「今」そのご縁が与えられたという結果そのものが、あなたの人生において重大なヒントである。

しかし切れてしまうご縁。つながらないご縁。それらがなぜそうなったのか?それは驚くほどシンプルな理由である。

だからこそあなたがすべきは明確である。「今」関係がある人との関係を大切にすること。関係が持てない人との関係に執着しないこと。それだけである。

最後に

目の前に与えられたご縁を大切にすること。それによって人生は、数珠つなぎのように様々なご縁とつながっていく。

そう、出会いに一切のムダはない。それが好きでも嫌いでも。出会った以上意味がある。

「出会いを大切に」という言葉は決してただの標語ではない。あなたの人生で本当に出会う運命の人と出会うための、重要な習慣なのだから。

あわせて読みたい

人との出会いは絶対大切。ただし出会う人には福の神と疫病神がいる話

男女が出会い、そして分かれる。その別れ際にこそ人間性が現れる

その出会いだけは、絶対に見逃すな。