あなたが人生で出会いを求める本当の理由

ついに出会った2人

私たちは、会えば絶対、すぐにわかる。

宮水三葉

私たちは常に、人生で出会うべき誰かとの出会いを探している。

それを運命の人、約束の人。言い方は何であろうとかまわない。

ただ一つ言えること。

それは、私たちの人生は、人との出会いによって織りなされていく物語である、ということだ。

スポンサーリンク

誰とも関わらない人生

私の人生は人との出会いによって織りなされていく。

それが意味することはつまり、私たちは自分一人だけでは何も生み出すことができない。喜びも悲しみも、何もかも味わうことができない。

それこそが、私たちの物語が生まれる決定的な意味である。

だから私たちは常に他者を必要とする。そして、他者からも必要とされる。

「人は一人ではない。一人では生きていけない」

というのは、こういう意味だ。

孤独を知って分かること

もちろん、私たちは孤独でも生きていくことはできる。

誰とも関わらず、ただ一人、自分のことだけを考えていくことは不可能ではない。

ますます孤独でも生きていける環境が用意されている今の世の中、孤独に生きることは何も、人から批判されることではない。

いやむしろ人生、孤独になる時間も必要である。

孤独になり一人きりで人生を生きていく寂しさを知ってこそ、誰かと居ることの素晴らしさや、一人だけではできないことをできる素晴らしさが分かる。

これが「生きていく」ということ

一人だけの物語は味気がない。だから私たちは誰かを求める。だから人生はドラマティックになる。

誰かとの出会いも。別れも。全てが全て、一つ一つが、意味を成す。

傷つけあった友。報われない努力の虚しさと恋を失う哀しみを教えてくれたあの人。出逢いはすべて、必然だ。

私たちは常に、人生で出会うべき誰かとの出会いを探している。それこそがまさに、生きていく、ということなのだ。

出典

『君の名は。』( コミックス・ウェーブ・フィルム、2016年)

あわせて読みたい

「今」目の前の出会いをムダにしなければ、運命の人とはいつかどこかで必ず出会える。

「出会いたい」と思ったときに出会ったご縁はやっぱり意味がある

運命の出会いを見逃さないために暗記しておきたい言葉